Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 二硫黄(Disulfur)は、S2という分子式を持つ二原子分子である。酸素分子のアナログであるが、室温ではほとんど生じない。紫色の気体で、硫黄を720℃以上で加熱することで生成し、530℃、1mmHgの低圧下で、99%は蒸気として存在する。二硫黄は、二酸化硫黄がほとんどを占めるイオの大気に微量成分の1つとして含まれる。二原子分子は、炭素、酸素、窒素、フッ素を含むことが多いが、これより重い元素の場合は、高温下でのみ安定である。
dbpedia-owl:iupacName
  • Disulfur
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3029395 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3340 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 32 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 52402687 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:imagefile
  • Disulfur.png
prop-ja:imagename
  • Ball and stick model of disulfur molecule
prop-ja:iupacname
  • Disulfur
prop-ja:othernames
  • Diatomic sulfur
  • Sulfur
  • Sulfur dimer
prop-ja:verifiedrevid
  • 450793307 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 二硫黄(Disulfur)は、S2という分子式を持つ二原子分子である。酸素分子のアナログであるが、室温ではほとんど生じない。紫色の気体で、硫黄を720℃以上で加熱することで生成し、530℃、1mmHgの低圧下で、99%は蒸気として存在する。二硫黄は、二酸化硫黄がほとんどを占めるイオの大気に微量成分の1つとして含まれる。二原子分子は、炭素、酸素、窒素、フッ素を含むことが多いが、これより重い元素の場合は、高温下でのみ安定である。
rdfs:label
  • 二硫黄
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Diatomic sulfur
  • Sulfur
  • Sulfur dimer
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of