Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 二条通(にじょうどおり)は京都市の主要な東西の通りの一つ。平安京の二条大路にあたる。平安京大内裏の南を東西に走り、朱雀大路に次ぐ広い通りであった。東は白川通から西は堀川通を超え二条城正面まで続いている。二条城以西の千本通から西にも旧二条通があり、朱雀二条商店街振興組合と称する商店街がある。近年新しく開通した葛野大路通の葛野大路二条の交差点付近にも二条を冠した町名が残り、平安京の名残を伝えている。東端の左京区岡崎は六勝寺の跡地である。ここには京都会館、京都市美術館、京都国立近代美術館、京都市動物園など、やや北に位置する平安神宮とともに明治以降に作られた文化施設が並ぶ。寺町通の南東角には、梶井基次郎の小説「檸檬」で主人公がレモンを買い求めた果物屋「八百卯」が長らく店を構えていたが、2009年1月25日に閉店している。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 127399 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 932 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 38 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54044737 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:
prop-ja:
prop-ja:
prop-ja:西
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 二条通(にじょうどおり)は京都市の主要な東西の通りの一つ。平安京の二条大路にあたる。平安京大内裏の南を東西に走り、朱雀大路に次ぐ広い通りであった。東は白川通から西は堀川通を超え二条城正面まで続いている。二条城以西の千本通から西にも旧二条通があり、朱雀二条商店街振興組合と称する商店街がある。近年新しく開通した葛野大路通の葛野大路二条の交差点付近にも二条を冠した町名が残り、平安京の名残を伝えている。東端の左京区岡崎は六勝寺の跡地である。ここには京都会館、京都市美術館、京都国立近代美術館、京都市動物園など、やや北に位置する平安神宮とともに明治以降に作られた文化施設が並ぶ。寺町通の南東角には、梶井基次郎の小説「檸檬」で主人公がレモンを買い求めた果物屋「八百卯」が長らく店を構えていたが、2009年1月25日に閉店している。
rdfs:label
  • 二条通
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja: of
is prop-ja: of
is foaf:primaryTopic of