二条城(にじょうじょう)は、京都市中京区二条通堀川西入二条城町にある、江戸時代に造営された日本の城。正式名称は元離宮二条城(もとりきゅうにじょうじょう)。京都市街の中にある平城で、後述する足利氏、織田氏、豊臣氏、徳川氏によるものがあるが、現在見られるものは徳川氏によるものである。また、後の近代において二条城は京都府の府庁や皇室の離宮として使用された。城内全体が国の史跡に指定されている他、二の丸御殿(6棟)が国宝に、22棟の建造物と二の丸御殿の障壁画計1016面が重要文化財に、二の丸御殿庭園が特別名勝に指定されている。さらに1994年(平成6年)にはユネスコの世界遺産(世界文化遺産)に「古都京都の文化財」として登録されている。 徳川家康の将軍宣下に伴う賀儀と、徳川慶喜の大政奉還が行われ、江戸幕府の始まりと終わりの場所でもある。また、後の近代においては大正天皇即位の儀式である即位礼の饗宴場として使用された場所となった。

Property Value
dbo:abstract
  • 二条城(にじょうじょう)は、京都市中京区二条通堀川西入二条城町にある、江戸時代に造営された日本の城。正式名称は元離宮二条城(もとりきゅうにじょうじょう)。京都市街の中にある平城で、後述する足利氏、織田氏、豊臣氏、徳川氏によるものがあるが、現在見られるものは徳川氏によるものである。また、後の近代において二条城は京都府の府庁や皇室の離宮として使用された。城内全体が国の史跡に指定されている他、二の丸御殿(6棟)が国宝に、22棟の建造物と二の丸御殿の障壁画計1016面が重要文化財に、二の丸御殿庭園が特別名勝に指定されている。さらに1994年(平成6年)にはユネスコの世界遺産(世界文化遺産)に「古都京都の文化財」として登録されている。 徳川家康の将軍宣下に伴う賀儀と、徳川慶喜の大政奉還が行われ、江戸幕府の始まりと終わりの場所でもある。また、後の近代においては大正天皇即位の儀式である即位礼の饗宴場として使用された場所となった。 (ja)
  • 二条城(にじょうじょう)は、京都市中京区二条通堀川西入二条城町にある、江戸時代に造営された日本の城。正式名称は元離宮二条城(もとりきゅうにじょうじょう)。京都市街の中にある平城で、後述する足利氏、織田氏、豊臣氏、徳川氏によるものがあるが、現在見られるものは徳川氏によるものである。また、後の近代において二条城は京都府の府庁や皇室の離宮として使用された。城内全体が国の史跡に指定されている他、二の丸御殿(6棟)が国宝に、22棟の建造物と二の丸御殿の障壁画計1016面が重要文化財に、二の丸御殿庭園が特別名勝に指定されている。さらに1994年(平成6年)にはユネスコの世界遺産(世界文化遺産)に「古都京都の文化財」として登録されている。 徳川家康の将軍宣下に伴う賀儀と、徳川慶喜の大政奉還が行われ、江戸幕府の始まりと終わりの場所でもある。また、後の近代においては大正天皇即位の儀式である即位礼の饗宴場として使用された場所となった。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 20563 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 31130 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81319197 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:arCalled
  •  (二条城) (ja)
  • ・恩賜元離宮二条城 (ja)
  • ・旧二条離宮 (ja)
  •  (二条城) (ja)
  • ・恩賜元離宮二条城 (ja)
  • ・旧二条離宮 (ja)
prop-ja:buildY
  • 1603 (xsd:integer)
prop-ja:builders
prop-ja:culturalAsset
  • 国の重要文化財(建造物22棟、二の丸御殿障壁画1016面) (ja)
  • 世界遺産(古都京都の文化財) (ja)
  • 国史跡、特別名勝(二の丸庭園) (ja)
  • 国宝(二の丸御殿6棟) (ja)
  • 国の重要文化財(建造物22棟、二の丸御殿障壁画1016面) (ja)
  • 世界遺産(古都京都の文化財) (ja)
  • 国史跡、特別名勝(二の丸庭園) (ja)
  • 国宝(二の丸御殿6棟) (ja)
prop-ja:date
  • 2013 (xsd:integer)
prop-ja:img
  • File:JP-Kyoto-karamon.jpg (ja)
  • File:JP-Kyoto-karamon.jpg (ja)
prop-ja:imgCapt
  • 唐門越しに二の丸御殿を望む (ja)
  • 唐門越しに二の丸御殿を望む (ja)
prop-ja:imgWidth
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:name
  • 元離宮二条城 (ja)
  • 元離宮二条城 (ja)
prop-ja:pref
  • 京都府 (ja)
  • 京都府 (ja)
prop-ja:rejectY
prop-ja:remains
  • 御殿・櫓・門・番所・土蔵 (ja)
  • 石垣・堀・庭園 (ja)
  • 御殿・櫓・門・番所・土蔵 (ja)
  • 石垣・堀・庭園 (ja)
prop-ja:rulers
prop-ja:struct
  • 輪郭式平城 (ja)
  • 輪郭式平城 (ja)
prop-ja:title
  • 妙覚寺も「灰燼に帰した」のか。信長公記やフロイス「日本史」には新御所の焼失しか記さない (ja)
  • 妙覚寺も「灰燼に帰した」のか。信長公記やフロイス「日本史」には新御所の焼失しか記さない (ja)
prop-ja:towerStruct
  • 複合式層塔型5重5階(1628年移築)(非現存) (ja)
  • 複合式望楼型5重5階(1603年移築) (ja)
  • 複合式層塔型5重5階(1628年移築)(非現存) (ja)
  • 複合式望楼型5重5階(1603年移築) (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:アイコン
  • 日本の城 (ja)
  • 日本の城 (ja)
prop-ja:ラベル
  • 元離宮二条城 (ja)
  • 元離宮二条城 (ja)
prop-ja:ラベル位置
  • bottom (ja)
  • bottom (ja)
dct:subject
rdfs:comment
  • 二条城(にじょうじょう)は、京都市中京区二条通堀川西入二条城町にある、江戸時代に造営された日本の城。正式名称は元離宮二条城(もとりきゅうにじょうじょう)。京都市街の中にある平城で、後述する足利氏、織田氏、豊臣氏、徳川氏によるものがあるが、現在見られるものは徳川氏によるものである。また、後の近代において二条城は京都府の府庁や皇室の離宮として使用された。城内全体が国の史跡に指定されている他、二の丸御殿(6棟)が国宝に、22棟の建造物と二の丸御殿の障壁画計1016面が重要文化財に、二の丸御殿庭園が特別名勝に指定されている。さらに1994年(平成6年)にはユネスコの世界遺産(世界文化遺産)に「古都京都の文化財」として登録されている。 徳川家康の将軍宣下に伴う賀儀と、徳川慶喜の大政奉還が行われ、江戸幕府の始まりと終わりの場所でもある。また、後の近代においては大正天皇即位の儀式である即位礼の饗宴場として使用された場所となった。 (ja)
  • 二条城(にじょうじょう)は、京都市中京区二条通堀川西入二条城町にある、江戸時代に造営された日本の城。正式名称は元離宮二条城(もとりきゅうにじょうじょう)。京都市街の中にある平城で、後述する足利氏、織田氏、豊臣氏、徳川氏によるものがあるが、現在見られるものは徳川氏によるものである。また、後の近代において二条城は京都府の府庁や皇室の離宮として使用された。城内全体が国の史跡に指定されている他、二の丸御殿(6棟)が国宝に、22棟の建造物と二の丸御殿の障壁画計1016面が重要文化財に、二の丸御殿庭園が特別名勝に指定されている。さらに1994年(平成6年)にはユネスコの世界遺産(世界文化遺産)に「古都京都の文化財」として登録されている。 徳川家康の将軍宣下に伴う賀儀と、徳川慶喜の大政奉還が行われ、江戸幕府の始まりと終わりの場所でもある。また、後の近代においては大正天皇即位の儀式である即位礼の饗宴場として使用された場所となった。 (ja)
rdfs:label
  • 二条城 (ja)
  • 二条城 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:place of
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:place of
is foaf:primaryTopic of