Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 二木 謙三(ふたき けんぞう、1873年(明治6年)1月10日 - 1966年(昭和41年)4月27日)は、日本の細菌学者、医師。秋田県秋田市千秋明徳町、樋口順泰の二男として出生、二木家の養子となる。山口高等学校を経て、東京帝国大学医学部を卒業、東京市立駒込病院に勤務。1903年(明治36年)赤痢菌「駒込A、B菌」を分離する。1905年(明治38年)ドイツに留学、ミュンヘン大学教授のグルーバーに師事。1909年(明治42年)駒込病院副院長、東大講師、医学博士、1914年(大正3年)年東大助教授、1915年(大正4年)高木逸磨等と共に「鼠咬症(そこうしょう)スピロヘータ」発見。1919年(大正8年)駒込病院長、1921年(大正10年)東大教授。1929年(昭和4年)学士院賞受賞、日本医科大学、東京歯科医専、日本女子大学教授となる。1951年(昭和26年)日本学士院会員、日本伝染病学会(現・日本感染症学会)長。1955年(昭和30年)文化勲章授与。1966年(昭和41年)93歳で没す。天然免疫学理の証明の実績を遺し、玄米食の提唱、実践運動や教育者として功績を残した。歴史学者で國學院大學名誉教授、日本中世史(戦国史)、有職故実の二木謙一の祖父。
dbpedia-owl:affiliation
dbpedia-owl:almaMater
dbpedia-owl:birthDate
  • 1873-01-10 (xsd:date)
dbpedia-owl:birthName
  • 樋口謙三
dbpedia-owl:birthPlace
dbpedia-owl:deathCause
dbpedia-owl:deathDate
  • 1966-04-27 (xsd:date)
dbpedia-owl:deathPlace
dbpedia-owl:depictionDescription
  • 二木謙三医学博士
dbpedia-owl:field
dbpedia-owl:imageSize
  • 250 (xsd:integer)
dbpedia-owl:knownFor
dbpedia-owl:nationality
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 635542 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 24282 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 322 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59125758 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:almaMater
  •  東京帝国大学
prop-ja:birthDate
  • 1873-01-10 (xsd:date)
prop-ja:birthName
  • 樋口謙三
prop-ja:birthPlace
  • 日本秋田県秋田市土手長町
prop-ja:caption
  • 二木謙三医学博士
prop-ja:deathCause
prop-ja:deathDate
  • 1966-04-27 (xsd:date)
prop-ja:deathPlace
  • 東京都港区白金台
prop-ja:doctoralAdvisor
  • グルーバー教授
prop-ja:field
prop-ja:imagesize
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:knownFor
  • dbpedia-ja:日本脳炎
  • 脾脱疽菌(炭疽菌)の免疫の解明
  • 赤痢菌駒込A菌、駒込B菌の分離
  • 鼠咬症スピロヘータの発見
prop-ja:name
  • 二木謙三
prop-ja:nationality
  • 日本
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:workplaces
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 二木 謙三(ふたき けんぞう、1873年(明治6年)1月10日 - 1966年(昭和41年)4月27日)は、日本の細菌学者、医師。秋田県秋田市千秋明徳町、樋口順泰の二男として出生、二木家の養子となる。山口高等学校を経て、東京帝国大学医学部を卒業、東京市立駒込病院に勤務。1903年(明治36年)赤痢菌「駒込A、B菌」を分離する。1905年(明治38年)ドイツに留学、ミュンヘン大学教授のグルーバーに師事。1909年(明治42年)駒込病院副院長、東大講師、医学博士、1914年(大正3年)年東大助教授、1915年(大正4年)高木逸磨等と共に「鼠咬症(そこうしょう)スピロヘータ」発見。1919年(大正8年)駒込病院長、1921年(大正10年)東大教授。1929年(昭和4年)学士院賞受賞、日本医科大学、東京歯科医専、日本女子大学教授となる。1951年(昭和26年)日本学士院会員、日本伝染病学会(現・日本感染症学会)長。1955年(昭和30年)文化勲章授与。1966年(昭和41年)93歳で没す。天然免疫学理の証明の実績を遺し、玄米食の提唱、実践運動や教育者として功績を残した。歴史学者で國學院大學名誉教授、日本中世史(戦国史)、有職故実の二木謙一の祖父。
rdfs:label
  • 二木謙三
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 二木謙三
is dbpedia-owl:successor of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:after of
is foaf:primaryTopic of