Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 二律背反(にりつはいはん、アンチノミー、独: Antinomie)とは正命題、反命題のどちらにも証明できる矛盾・パラドックスのことである(しばしば勘違いされるが単なる矛盾・パラドックスではない)。字義通りには、二つの法則が現実的にであれ見かけ上であれ相互に両立しないことを意味し、これは論理学や認識論で使用される術語である。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1243025 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1771 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 27 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57806237 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 2009 (xsd:integer)
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 二律背反(にりつはいはん、アンチノミー、独: Antinomie)とは正命題、反命題のどちらにも証明できる矛盾・パラドックスのことである(しばしば勘違いされるが単なる矛盾・パラドックスではない)。字義通りには、二つの法則が現実的にであれ見かけ上であれ相互に両立しないことを意味し、これは論理学や認識論で使用される術語である。
rdfs:label
  • 二律背反
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of