Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『二十四の瞳』(にじゅうしのひとみ)は、1952年(昭和27年)に壺井栄が発表した日本の小説である。第二次世界大戦の終結から7年後に発表された小説で、作者の壺井栄は、自身が戦時中を生きた者として、この戦争が一般庶民にもたらした数多くの苦難と悲劇を描いた。発表の2年後、1954年(昭和29年)に映画化された(二十四の瞳 (映画))。これまで、映画化2回、テレビドラマ化6回、テレビアニメ化1回、計9回映像化された。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 346371 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 9360 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 300 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59047465 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:前番組
prop-ja:放送局
prop-ja:放送枠
prop-ja:次番組
prop-ja:番組名
  • 二十四の瞳
  • (1964年版)
  • (1967年版)
  • (1979.7.9 - 1979.8.31)
  • (テレビアニメ)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 『二十四の瞳』(にじゅうしのひとみ)は、1952年(昭和27年)に壺井栄が発表した日本の小説である。第二次世界大戦の終結から7年後に発表された小説で、作者の壺井栄は、自身が戦時中を生きた者として、この戦争が一般庶民にもたらした数多くの苦難と悲劇を描いた。発表の2年後、1954年(昭和29年)に映画化された(二十四の瞳 (映画))。これまで、映画化2回、テレビドラマ化6回、テレビアニメ化1回、計9回映像化された。
rdfs:label
  • 二十四の瞳
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:notableWork of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:3次番組 of
is prop-ja:テーマ of
is prop-ja:前番組 of
is foaf:primaryTopic of