Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 二十二社(にじゅうにしゃ)は、神社の社格の一つ。国家の重大事、天変地異の時などに朝廷から特別の奉幣を受けた。平安時代後期、後朱雀天皇治世の長暦3年(1039年)に22社目の日吉社が加わり、白河天皇治世の永保元年(1081年)に制度としての二十二社が確立したとされる。主に畿内の神社から選ばれた。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 42693 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 10398 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 221 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58943981 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 二十二社(にじゅうにしゃ)は、神社の社格の一つ。国家の重大事、天変地異の時などに朝廷から特別の奉幣を受けた。平安時代後期、後朱雀天皇治世の長暦3年(1039年)に22社目の日吉社が加わり、白河天皇治世の永保元年(1081年)に制度としての二十二社が確立したとされる。主に畿内の神社から選ばれた。
rdfs:label
  • 二十二社
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:備考 of
is prop-ja:社格 of
is foaf:primaryTopic of