Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 二十三府制(にじゅうさんぷせい)は、1895年(高宗32年)閏5月から翌1896年8月にかけての李氏朝鮮の地方行政区画である。1895年5月26日公布・閏5月1日施行の勅令第98号「地方制度改正の件」によって実施された。それまでの朝鮮八道制を廃し、全国を23の府と337の郡に再編した。この際、従来の府、大都護府、牧、都護府、県といった下部行政区画の名称を廃して「郡」に一本化した。府の長官は観察使、郡の長官は郡守である。しかし、翌年8月に二十三府制は廃止され、道制が復活した(十三道制)。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 674582 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3647 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 238 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47855306 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 二十三府制(にじゅうさんぷせい)は、1895年(高宗32年)閏5月から翌1896年8月にかけての李氏朝鮮の地方行政区画である。1895年5月26日公布・閏5月1日施行の勅令第98号「地方制度改正の件」によって実施された。それまでの朝鮮八道制を廃し、全国を23の府と337の郡に再編した。この際、従来の府、大都護府、牧、都護府、県といった下部行政区画の名称を廃して「郡」に一本化した。府の長官は観察使、郡の長官は郡守である。しかし、翌年8月に二十三府制は廃止され、道制が復活した(十三道制)。
rdfs:label
  • 二十三府制
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of