Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『事故のてんまつ』(じこのてんまつ)は、臼井吉見による中編小説。筑摩書房の雑誌『展望』1977年(昭和52年)5月号に一挙掲載され、同年5月30日に筑摩書房より単行本刊行された。1972年(昭和47年)4月16日に自殺したノーベル文学賞受賞作家・川端康成の自殺の真相を明らかにする、と新聞広告ではあおられたが、実名はなく、家政婦として大作家に雇われた信州の「鹿沢縫子」(仮名)という女性の語りの形式をとり、縫子がその作家にいたく可愛がられた様子と、1年ほどの務めののち、縫子が辞めて信州へ帰ると言った翌日に作家が自殺するというのが前半で、後半は縫子の語りによる「川端康成論」になっている。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2698749 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3190 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 52 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57699212 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 『事故のてんまつ』(じこのてんまつ)は、臼井吉見による中編小説。筑摩書房の雑誌『展望』1977年(昭和52年)5月号に一挙掲載され、同年5月30日に筑摩書房より単行本刊行された。1972年(昭和47年)4月16日に自殺したノーベル文学賞受賞作家・川端康成の自殺の真相を明らかにする、と新聞広告ではあおられたが、実名はなく、家政婦として大作家に雇われた信州の「鹿沢縫子」(仮名)という女性の語りの形式をとり、縫子がその作家にいたく可愛がられた様子と、1年ほどの務めののち、縫子が辞めて信州へ帰ると言った翌日に作家が自殺するというのが前半で、後半は縫子の語りによる「川端康成論」になっている。
rdfs:label
  • 事故のてんまつ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of