Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 事八日・コト八日(ことようか)は、日本の年中行事。八日節供、八日待(まち)、八日ぞう、事始め/事納め、お事始め/お事納め、八日吹き、八日行、節供始め/節供納め、お薬師様、恵比寿講などとも呼ばれるが、民俗学上は「事八日」と総称される。例外もあるが原則として、2月8日と12月8日の年2回またはいずれかに行われる、2月8日と12月8日のどちらかを「事始め」、他方を「事納め」と呼ぶことがある。「事」を年間の祭事あるいは農作業と解釈し、2月を事始め・12月を事納めとするのが主流だが、関東の一部では「事」を新年の祝い事と解釈し、12月が事始め・2月が事納めとなる。行事の内容は地域差が大きい。戦後徐々に行われなくなりつつある。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3242694 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2361 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 82 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57842083 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 事八日・コト八日(ことようか)は、日本の年中行事。八日節供、八日待(まち)、八日ぞう、事始め/事納め、お事始め/お事納め、八日吹き、八日行、節供始め/節供納め、お薬師様、恵比寿講などとも呼ばれるが、民俗学上は「事八日」と総称される。例外もあるが原則として、2月8日と12月8日の年2回またはいずれかに行われる、2月8日と12月8日のどちらかを「事始め」、他方を「事納め」と呼ぶことがある。「事」を年間の祭事あるいは農作業と解釈し、2月を事始め・12月を事納めとするのが主流だが、関東の一部では「事」を新年の祝い事と解釈し、12月が事始め・2月が事納めとなる。行事の内容は地域差が大きい。戦後徐々に行われなくなりつつある。
rdfs:label
  • 事八日
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of