Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 乾 信一郎(いぬい しんいちろう、1906年5月15日 - 2000年1月29日)は、日本の小説家、翻訳家。米国シアトル生まれ。本名・上塚貞雄で、本名での著作もある。1912年母とともに父母の郷里熊本県に戻りそこで育つ。青山学院高等部卒。同商科在学中の1928年、翻訳が『新青年』に採用され、30年卒業後、博文館勤務、『新青年』に探偵小説を書き、35年『講談雑誌』編集長、37年『新青年』編集長、38年フリーとなり、文筆に専念。戦後「青いノート」「コロの物語」などNHK連続放送劇の脚本を手がける。ユーモア小説、動物小説を多く書いたが、1960年代から推理小説などの翻訳を数多く手がけ、アンソニー・バージェス『時計じかけのオレンジ』の訳者として知られる。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2348115 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4077 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 69 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53729132 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 乾 信一郎(いぬい しんいちろう、1906年5月15日 - 2000年1月29日)は、日本の小説家、翻訳家。米国シアトル生まれ。本名・上塚貞雄で、本名での著作もある。1912年母とともに父母の郷里熊本県に戻りそこで育つ。青山学院高等部卒。同商科在学中の1928年、翻訳が『新青年』に採用され、30年卒業後、博文館勤務、『新青年』に探偵小説を書き、35年『講談雑誌』編集長、37年『新青年』編集長、38年フリーとなり、文筆に専念。戦後「青いノート」「コロの物語」などNHK連続放送劇の脚本を手がける。ユーモア小説、動物小説を多く書いたが、1960年代から推理小説などの翻訳を数多く手がけ、アンソニー・バージェス『時計じかけのオレンジ』の訳者として知られる。
rdfs:label
  • 乾信一郎
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of