Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 九条 兼孝(くじょう かねたか、天文22年11月20日(1553年12月25日) - 寛永13年1月17日(1636年2月23日))は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての関白。九条家第17代目当主。同家第15代当主の九条尚経は曽祖父にあたる。もともとは二条家の出身であり、父は二条晴良。母は伏見宮貞敦親王の娘位子女王。弟に二条昭実・義演・鷹司信房らがいる。室は従三位高倉熙子(高倉永家の娘・東陽院従三位渓花正春大姉)。子に九条幸家・増孝(東寺一長者)・八条宮智仁親王室がいる。後月輪と号した。大伯父である九条稙通の養子となり、永禄3年(1560年)に8歳で従三位に叙せられる。その後、左大臣を経て天正6年(1578年)に関白・藤氏長者となったが、同9年(1581年)、これを辞任。天正10年(1582年)、従一位に昇叙され、同16年(1588年)に准三宮宣下を受けた。慶長5年(1600年)、再度関白に就任。慶長9年(1604年)これを辞任して出家し、法名を円性とした。寛永13年(1636年)1月17日、84歳で薨去した。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1404486 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1071 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 57 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56441821 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 九条 兼孝(くじょう かねたか、天文22年11月20日(1553年12月25日) - 寛永13年1月17日(1636年2月23日))は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての関白。九条家第17代目当主。同家第15代当主の九条尚経は曽祖父にあたる。もともとは二条家の出身であり、父は二条晴良。母は伏見宮貞敦親王の娘位子女王。弟に二条昭実・義演・鷹司信房らがいる。室は従三位高倉熙子(高倉永家の娘・東陽院従三位渓花正春大姉)。子に九条幸家・増孝(東寺一長者)・八条宮智仁親王室がいる。後月輪と号した。大伯父である九条稙通の養子となり、永禄3年(1560年)に8歳で従三位に叙せられる。その後、左大臣を経て天正6年(1578年)に関白・藤氏長者となったが、同9年(1581年)、これを辞任。天正10年(1582年)、従一位に昇叙され、同16年(1588年)に准三宮宣下を受けた。慶長5年(1600年)、再度関白に就任。慶長9年(1604年)これを辞任して出家し、法名を円性とした。寛永13年(1636年)1月17日、84歳で薨去した。
rdfs:label
  • 九条兼孝
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:兄弟 of
is prop-ja:政府首脳人物 of
is foaf:primaryTopic of