Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 九五式軽戦車(きゅうごしきけいせんしゃ)は、1930年代中期に開発・採用された大日本帝国陸軍の戦車(軽戦車)。秘匿名称「ハ号」(「イ号」は八九式軽戦車、「ロ号」は九五式重戦車)。日本戦車としては最多の2,378輛が生産され、九七式中戦車 チハ(チハ車)とともに第二次世界大戦中の日本軍の主力戦車として運用された。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 129402 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 23601 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 273 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59154834 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 2016 (xsd:integer)
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:エンジン名
  • 三菱A六一二〇VDe
  • 空冷直列6気筒ディーゼル
prop-ja:主砲
prop-ja:乗員
  • 3 (xsd:integer)
prop-ja:全幅
  • 2.07 m
prop-ja:全長
  • 4.30 m
prop-ja:全高
  • 2.28 m
prop-ja:出力
  • 110 (xsd:integer)
  • 120.0
  • 排気量14,300cc
prop-ja:副武装
  • 九七式車載重機関銃×2
  • (車体前部・砲塔後部 3,000発)
prop-ja:名称
  • 九五式軽戦車 ハ号
prop-ja:懸架方式
  • シーソー式連動懸架
prop-ja:画像
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:行動距離
  • 240.0
prop-ja:装甲
  • 砲塔ハッチ6mm
  • 砲塔上面9mm
  • 砲塔外周12mm
  • 車体上面前部9mm
  • 車体上面後部6mm
  • 車体前面上・下部12mm
  • 車体前面傾斜部9mm
  • 車体底面9mm
  • 車体後面10mm
prop-ja:説明
  • 砲塔側面の「士」は、連隊の「十一(11)」を「士魂(武士)」の「士」にかけ図案化したもの
  • モスクワで展示されている元戦車第11連隊所属の九五式軽戦車。
prop-ja:車体長
  • 4.30 m
prop-ja:速度
  • 40.0
  • 31.7
prop-ja:重量
  • 自重6.7t 全備重量7.4t
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 九五式軽戦車(きゅうごしきけいせんしゃ)は、1930年代中期に開発・採用された大日本帝国陸軍の戦車(軽戦車)。秘匿名称「ハ号」(「イ号」は八九式軽戦車、「ロ号」は九五式重戦車)。日本戦車としては最多の2,378輛が生産され、九七式中戦車 チハ(チハ車)とともに第二次世界大戦中の日本軍の主力戦車として運用された。
rdfs:label
  • 九五式軽戦車
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of