Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 九五式折畳舟(きゅうごしきおりたたみぶね)とは、大日本帝国陸軍が開発した渡河・上陸等に使用する舟艇である。陸上輸送の便のため、折畳構造になっていた。固定式のエンジンはなかったが、操舟機と呼ばれた船外機を装着して、動力航行することも可能だった。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1622139 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1380 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 25 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 51495105 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:エンジン
prop-ja:乗員数
  • 19 (xsd:integer)
prop-ja:備考
  • 組み立て式
prop-ja:全幅
  • 1.53 m
prop-ja:全長
  • 7.35 m
prop-ja:全高
  • 0.7 m
prop-ja:名前
  • 九五式折畳舟
prop-ja:画像
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:画像の説明
prop-ja:重量
  • 200.0
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 九五式折畳舟(きゅうごしきおりたたみぶね)とは、大日本帝国陸軍が開発した渡河・上陸等に使用する舟艇である。陸上輸送の便のため、折畳構造になっていた。固定式のエンジンはなかったが、操舟機と呼ばれた船外機を装着して、動力航行することも可能だった。
rdfs:label
  • 九五式折畳舟
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of