Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 乙(おつ、きのと)は、十干の2番目である。陰陽五行説では木性の陰に割り当てられており、ここから日本では「きのと」(木の弟)ともいう。乙の字は、ジグザグな形を形取ったもので、そこから、種から出た芽が地上に出ようとして曲がりくねった状態の意味として、十干の2番目に宛てられた。十干を順位づけに使った場合には、乙は2番目の意味となる。また、十干を分類に使用して「乙種」「乙類」などということもある。この場合は単に分類の名前として甲・乙とつけただけであるが、乙種は甲種より劣っていると誤解している者も多い。例えば焼酎の分類には甲類・乙類があるが、乙類が「劣ったもの」と誤解されるのを避けるため、「本格焼酎」という別名がつけられている。また、甲乙付けがたいという表現に見られるように、甲を優位に、乙を劣位にたとえることがある。書道などでは進級、昇段試験において、甲乙を用いて示す。西暦年の下一桁が5の年が乙の年となる。その他の乙の用法についてはリンクを参照。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 318080 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 607 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 16 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59151516 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 乙(おつ、きのと)は、十干の2番目である。陰陽五行説では木性の陰に割り当てられており、ここから日本では「きのと」(木の弟)ともいう。乙の字は、ジグザグな形を形取ったもので、そこから、種から出た芽が地上に出ようとして曲がりくねった状態の意味として、十干の2番目に宛てられた。十干を順位づけに使った場合には、乙は2番目の意味となる。また、十干を分類に使用して「乙種」「乙類」などということもある。この場合は単に分類の名前として甲・乙とつけただけであるが、乙種は甲種より劣っていると誤解している者も多い。例えば焼酎の分類には甲類・乙類があるが、乙類が「劣ったもの」と誤解されるのを避けるため、「本格焼酎」という別名がつけられている。また、甲乙付けがたいという表現に見られるように、甲を優位に、乙を劣位にたとえることがある。書道などでは進級、昇段試験において、甲乙を用いて示す。西暦年の下一桁が5の年が乙の年となる。その他の乙の用法についてはリンクを参照。
rdfs:label
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:ロケ出演者 of
is prop-ja:同期 of
is foaf:primaryTopic of