Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 久米 岑雄(くめ の みねお、生没年不詳)は平安時代初期の官人。官位は外正六位下・那賀郡大領。貞観9年(867年)10月3日、主帳・村部福雄とともに姓を村部から本姓の久米連に復する。当時の官位は外従八位上・石見国那賀郡権大領。仁和2年(886年)5月12日、迩摩郡大領・伊福部安道とともに農民217年人を率いて石見守・上毛野氏永を襲撃し、印鎰や駅鈴を奪い取った。よって贖銅九斤を科された。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2882055 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 565 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 32 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59225228 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 久米 岑雄(くめ の みねお、生没年不詳)は平安時代初期の官人。官位は外正六位下・那賀郡大領。貞観9年(867年)10月3日、主帳・村部福雄とともに姓を村部から本姓の久米連に復する。当時の官位は外従八位上・石見国那賀郡権大領。仁和2年(886年)5月12日、迩摩郡大領・伊福部安道とともに農民217年人を率いて石見守・上毛野氏永を襲撃し、印鎰や駅鈴を奪い取った。よって贖銅九斤を科された。
rdfs:label
  • 久米岑雄
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is foaf:primaryTopic of