Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 久我 通堅(こが みちかた)は、戦国時代の公卿。天文11年(1542年)に叙爵し、侍従に列する。その後、備前権介、左近衛中将、備前権守、権中納言などを歴任し、弘治2年(1556年)に源氏長者となる。弘治3年(1557年)に権大納言に任じられる。永禄元年(1558年)に右近衛大将、永禄3年(1560年)には正二位となったが、まもなく勅勘を被り、永禄8年(1565年)に従二位に落とされ、さらに永禄11年(1568年)には解官された。京を出て和泉国堺に隠遁し、天正3年(1575年)に同地で薨去。享年35。なおこの後、源氏長者の座は、源氏の血筋を引いていると認められていない説が有力視される徳川氏が政治的理由で獲得することとなり、以降明治維新まで摂関期全盛時代から受け継いできた久我家に戻らなかった。したがってこの通堅が最後のいわゆる「正統なる源氏長者」であったともいえる。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1543313 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1105 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 58 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53930639 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:主君
prop-ja:兄弟
  • 通堅、空辰、等潤、三休、岩倉具堯、近衛前久室、瑞光院(西園寺実益室)、興春院(久我敦通、小倉季藤室)
prop-ja:別名
  • 通興(初名)→通俊→通堅
prop-ja:
  • 佐々木氏
prop-ja:
  • 敦通、一尾三休、下津俸庵、久我俊子(六条有広室、のち新大納言局)
prop-ja:官位
prop-ja:時代
prop-ja:死没
  • --04-06
prop-ja:氏名
  • 久我通堅
prop-ja:氏族
prop-ja:父母
  • 父:久我晴通、母:武田元光の娘
prop-ja:生誕
  • 天文10年(1541年)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 久我 通堅(こが みちかた)は、戦国時代の公卿。天文11年(1542年)に叙爵し、侍従に列する。その後、備前権介、左近衛中将、備前権守、権中納言などを歴任し、弘治2年(1556年)に源氏長者となる。弘治3年(1557年)に権大納言に任じられる。永禄元年(1558年)に右近衛大将、永禄3年(1560年)には正二位となったが、まもなく勅勘を被り、永禄8年(1565年)に従二位に落とされ、さらに永禄11年(1568年)には解官された。京を出て和泉国堺に隠遁し、天正3年(1575年)に同地で薨去。享年35。なおこの後、源氏長者の座は、源氏の血筋を引いていると認められていない説が有力視される徳川氏が政治的理由で獲得することとなり、以降明治維新まで摂関期全盛時代から受け継いできた久我家に戻らなかった。したがってこの通堅が最後のいわゆる「正統なる源氏長者」であったともいえる。
rdfs:label
  • 久我通堅
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of