Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 主題役割(しゅだいやくわり、英: thematic role)とは、言語学において、述語と項の意味関係を分類したものである。主題関係(thematic relation)、意味役割(semantic role)、θ役割 (θ-role)とも呼ばれる。フィルモアの格文法における「格」も同様の概念である。文の解釈に重要な役割を果たすと言われるが、一体全部でいくつあるのかなど不明な点も多い。また文法格(「が」「を」)や後置詞(「で」「へ」など)と相関があるが、決して一対一に対応しているわけではない。主な主題役割には以下のようなものがある。 agent 動作主:太郎が次郎をなぐった。 experiencer 経験者:太郎が悲しんだ。 theme 主題または patient 被動者:太郎が次郎をなぐった。 goal 目標:北へすすむ。 source 起点:町から来た。なお、話題の意味で用いられる「主題」とは直接関係ない。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 848814 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1216 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 13 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 52504249 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 主題役割(しゅだいやくわり、英: thematic role)とは、言語学において、述語と項の意味関係を分類したものである。主題関係(thematic relation)、意味役割(semantic role)、θ役割 (θ-role)とも呼ばれる。フィルモアの格文法における「格」も同様の概念である。文の解釈に重要な役割を果たすと言われるが、一体全部でいくつあるのかなど不明な点も多い。また文法格(「が」「を」)や後置詞(「で」「へ」など)と相関があるが、決して一対一に対応しているわけではない。主な主題役割には以下のようなものがある。 agent 動作主:太郎が次郎をなぐった。 experiencer 経験者:太郎が悲しんだ。 theme 主題または patient 被動者:太郎が次郎をなぐった。 goal 目標:北へすすむ。 source 起点:町から来た。なお、話題の意味で用いられる「主題」とは直接関係ない。
rdfs:label
  • 主題役割
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of