Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 主情主義(しゅじょうしゅぎ、英: emotionalism)とは、人間の精神(魂)中で、感情・情緒・感覚・欲望の働きを(知性・理性や意志よりも)重視する哲学・神学・心理学・文学上の立場のこと。知性・理性の働きを重視する主知主義(英: intellectualism)や、意志の働きを重視する主意主義(英: voluntarism)と対置される。文脈によっては、感情主義(かんじょうしゅぎ、英: sentimentalism)や快楽主義(英: hedonism)とも同義で用いられる。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2849055 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 681 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 20 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 49123655 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 主情主義(しゅじょうしゅぎ、英: emotionalism)とは、人間の精神(魂)中で、感情・情緒・感覚・欲望の働きを(知性・理性や意志よりも)重視する哲学・神学・心理学・文学上の立場のこと。知性・理性の働きを重視する主知主義(英: intellectualism)や、意志の働きを重視する主意主義(英: voluntarism)と対置される。文脈によっては、感情主義(かんじょうしゅぎ、英: sentimentalism)や快楽主義(英: hedonism)とも同義で用いられる。
rdfs:label
  • 主情主義
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of