Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 中院 定平(なかのいん さだひら、生没年不詳)は、鎌倉時代末から南北朝時代前期にかけての公卿・武将。村上源氏は大納言定房の玄孫にして、陸奥守定成の子だが、家を中院と号する。元弘の乱の際は護良親王に属して幕府軍と戦い、建武政権とその後の南朝でも公家大将の1人として軍忠を抜きん出たとされる。初名は良定(よしさだ)。なお、征西将軍府の要人として懐良親王に随従した中院義定(― よしさだ)と同一人と見なす説もある。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2804323 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4248 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 162 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56530583 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:主君
prop-ja:兄弟
  • 家房、定平
prop-ja:
prop-ja:官位
prop-ja:改名
  • 良定→定平
prop-ja:時代
prop-ja:死没
  • 不詳
prop-ja:氏名
  • 中院定平
prop-ja:氏族
  • 村上源氏定房流
prop-ja:父母
  • 父:源定成
prop-ja:特記事項
prop-ja:生誕
  • 不詳
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 中院 定平(なかのいん さだひら、生没年不詳)は、鎌倉時代末から南北朝時代前期にかけての公卿・武将。村上源氏は大納言定房の玄孫にして、陸奥守定成の子だが、家を中院と号する。元弘の乱の際は護良親王に属して幕府軍と戦い、建武政権とその後の南朝でも公家大将の1人として軍忠を抜きん出たとされる。初名は良定(よしさだ)。なお、征西将軍府の要人として懐良親王に随従した中院義定(― よしさだ)と同一人と見なす説もある。
rdfs:label
  • 中院定平
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of