Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 中野 重治(なかの しげはる、1902年(明治35年)1月25日 - 1979年(昭和54年)8月24日)は、日本の小説家、詩人、評論家、政治家。福井県坂井市出身。東京帝国大学文学部独文科卒。四高時代に窪川鶴次郎らを知り、短歌や詩や小説を発表するようになる。東大入学後、窪川、堀辰雄らと『驢馬』を創刊、一方でマルクス主義やプロレタリア文学運動に参加し、「ナップ」や「コップ」を結成。この間に多くの作品を発表した。1931年に日本共産党に入ったが、検挙され1934年に転向する。戦後再び日本共産党に入り、また『新日本文学』の創刊に加わった。平野謙、荒正人らと「政治と文学論争」を引き起こし、戦後文学を確立させた。1947年から50年まで参議院議員を務める。しかし1964年には日本共産党と政治理論で対立をして除名された。神山茂夫とともに『日本共産党批判』を出版している。代表作に小説『歌のわかれ』『むらぎも』『梨の花』『甲乙丙丁』、評論『斎藤茂吉ノオト』、詩集『中野重治詩集』など。詩人の中野鈴子は実妹、女優の原泉は妻。
dbpedia-owl:almaMater
dbpedia-owl:award
dbpedia-owl:birthPlace
dbpedia-owl:deathDate
  • 1979-08-24 (xsd:date)
dbpedia-owl:education
dbpedia-owl:genre
dbpedia-owl:imageSize
  • 150 (xsd:integer)
dbpedia-owl:language
dbpedia-owl:movement
dbpedia-owl:nationality
dbpedia-owl:occupation
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 343162 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 8309 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 200 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58109393 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:almaMater
  • 東京帝国大学独文科
prop-ja:awards
  • 読売文学賞(1960年)
  • 毎日出版文化賞(1955年)
prop-ja:birthDate
  • --01-15
prop-ja:birthPlace
  • ・福井県坂井市
prop-ja:deathDate
  • 1979-08-24 (xsd:date)
prop-ja:education
prop-ja:genre
prop-ja:imageSize
  • 150 (xsd:integer)
prop-ja:language
prop-ja:movement
prop-ja:name
  • 中野 重治
  • (なかの しげはる)
prop-ja:notableWorks
  • 『むらぎも』(1954年)
  • 『中野重治詩集』(1935年)
  • 『梨の花』(1959年)
  • 『歌のわかれ』(1940年)
  • 『甲乙丙丁』(1969年)
prop-ja:occupation
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:国旗
  • 日本
prop-ja:就任日
  • --05-03
prop-ja:当選回数
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:所属政党
prop-ja:職名
prop-ja:退任日
  • --05-02
prop-ja:選挙区
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 中野 重治(なかの しげはる、1902年(明治35年)1月25日 - 1979年(昭和54年)8月24日)は、日本の小説家、詩人、評論家、政治家。福井県坂井市出身。東京帝国大学文学部独文科卒。四高時代に窪川鶴次郎らを知り、短歌や詩や小説を発表するようになる。東大入学後、窪川、堀辰雄らと『驢馬』を創刊、一方でマルクス主義やプロレタリア文学運動に参加し、「ナップ」や「コップ」を結成。この間に多くの作品を発表した。1931年に日本共産党に入ったが、検挙され1934年に転向する。戦後再び日本共産党に入り、また『新日本文学』の創刊に加わった。平野謙、荒正人らと「政治と文学論争」を引き起こし、戦後文学を確立させた。1947年から50年まで参議院議員を務める。しかし1964年には日本共産党と政治理論で対立をして除名された。神山茂夫とともに『日本共産党批判』を出版している。代表作に小説『歌のわかれ』『むらぎも』『梨の花』『甲乙丙丁』、評論『斎藤茂吉ノオト』、詩集『中野重治詩集』など。詩人の中野鈴子は実妹、女優の原泉は妻。
rdfs:label
  • 中野重治
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 中野 重治
  • (なかの しげはる)
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:influenced of
is prop-ja:配偶者 of
is foaf:primaryTopic of