Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 中皮腫・アスベスト疾患・患者と家族の会は、2004年にアスベスト患者への支援を目的として発足した、日本で初めてのアスベストの患者団体である。会員数は約600人(2014年7月時点)。各支部ごとに定期的に定例の会議や相談活動を実施している。全国的なネットワークを持つ患者団体としては唯一の組織であり、環境省の石綿健康被害救済小委員会などでは患者組織を代表する形でヒアリングなどに招致されている。2014年4月には北陸支部が結成され、2014年秋には14番目の支部となる東北支部が設立する。孤独になりがちな被害者やその家族らが支え合う交流の場を提供し、健康被害の相談活動や労災申請支援にあたっている。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2954555 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3135 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 10 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 52556366 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ウェブサイト
prop-ja:会長
  • 古川和子
prop-ja:名称
  • 中皮腫・アスベスト疾患・患者と家族の会
prop-ja:団体種類
prop-ja:所在地
  • 東京都江東区亀戸7-10-1 Zビル5F
prop-ja:活動内容
  • 日本のアスベスト被害者への相談や支援
prop-ja:活動手段
  • 行政等からの寄付は受けず、会員からの寄付で運営
prop-ja:設立
  • --02-07
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 中皮腫・アスベスト疾患・患者と家族の会は、2004年にアスベスト患者への支援を目的として発足した、日本で初めてのアスベストの患者団体である。会員数は約600人(2014年7月時点)。各支部ごとに定期的に定例の会議や相談活動を実施している。全国的なネットワークを持つ患者団体としては唯一の組織であり、環境省の石綿健康被害救済小委員会などでは患者組織を代表する形でヒアリングなどに招致されている。2014年4月には北陸支部が結成され、2014年秋には14番目の支部となる東北支部が設立する。孤独になりがちな被害者やその家族らが支え合う交流の場を提供し、健康被害の相談活動や労災申請支援にあたっている。
rdfs:label
  • 中皮腫・アスベスト疾患・患者と家族の会
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of