Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 中田 耕治(なかだ こうじ、1927年11月5日 - )は、作家、翻訳家、演出家。東京生まれ。明治大学英文科卒。1946年、在学中に「近代文学」で文壇に登場。「戦後派」の最も若い批評家として知られた。 初期評論はのちに「怪蛇(バジリスク)の眼」(1975年)に収録。活動範囲が広く、多才な作家として知られる。はじめ「俳優座」養成所の講師として、戯曲論、アメリカ演劇研究などを講義し、やがて「青年座」などで演出にあたる。1966年「新劇場」で上演した『闘牛』(紀伊国屋劇場)が代表作。その後「グループシアター」を主宰。マキャヴェッリの『クリーツィア』、ウィリアム・サローヤンの『洞窟の人びと』などを演出。作家としては1961年『危険な女』で小説家デビュー。初期作品は「中田耕治ハードボイルド・シリーズ」(三一書房)全6巻に収録されている。1971年、澁澤龍彦・編集「血と薔薇」に評伝「ブランヴィリエ侯爵夫人」を発表。作家として大きく転換し、歴史を彩った女性達の評伝を手がけるようになった。『ボルジア家の人々』で第5回近代文学賞を受賞。『ルクレツィア・ボルジア』(1975年)、『メディチ家の人々』(1975年)、『メディチ家の滅亡』(1983年)などが大きな山系を形作っている。フランスの演劇人を描いた『ルイ・ジュヴェとその時代』(2000年)は評伝代表作である。早くから翻訳を手がけ、ミステリーではハードボイルド派、とくにロス・マクドナルド、アイラ・レヴィンなどの紹介者として知られた。新しいSFの紹介にも熱意をもち、アルフレッド・ベスター、フィリップ・K・ディック、シオドア・スタージョンなど多数を紹介した。一方、教育者としての面もある。若くして「俳優座」養成所の講師として指導にあたったが、60年代から、大木直太郎(後年・明治大学学長)の推挽で、明治大学日本文学科の講師になり、「小説研究」を講義。後年、90年代に女子美術大学教授。ほかに翻訳学校バベルで翻訳家養成にあたり、多数の新人を登場させた。また、早くからマリリン・モンローに注目し、我が国におけるモンロー研究の第一人者でもある。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1622909 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 14862 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 106 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55793351 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 中田 耕治(なかだ こうじ、1927年11月5日 - )は、作家、翻訳家、演出家。東京生まれ。明治大学英文科卒。1946年、在学中に「近代文学」で文壇に登場。「戦後派」の最も若い批評家として知られた。 初期評論はのちに「怪蛇(バジリスク)の眼」(1975年)に収録。活動範囲が広く、多才な作家として知られる。はじめ「俳優座」養成所の講師として、戯曲論、アメリカ演劇研究などを講義し、やがて「青年座」などで演出にあたる。1966年「新劇場」で上演した『闘牛』(紀伊国屋劇場)が代表作。その後「グループシアター」を主宰。マキャヴェッリの『クリーツィア』、ウィリアム・サローヤンの『洞窟の人びと』などを演出。作家としては1961年『危険な女』で小説家デビュー。初期作品は「中田耕治ハードボイルド・シリーズ」(三一書房)全6巻に収録されている。1971年、澁澤龍彦・編集「血と薔薇」に評伝「ブランヴィリエ侯爵夫人」を発表。作家として大きく転換し、歴史を彩った女性達の評伝を手がけるようになった。『ボルジア家の人々』で第5回近代文学賞を受賞。『ルクレツィア・ボルジア』(1975年)、『メディチ家の人々』(1975年)、『メディチ家の滅亡』(1983年)などが大きな山系を形作っている。フランスの演劇人を描いた『ルイ・ジュヴェとその時代』(2000年)は評伝代表作である。早くから翻訳を手がけ、ミステリーではハードボイルド派、とくにロス・マクドナルド、アイラ・レヴィンなどの紹介者として知られた。新しいSFの紹介にも熱意をもち、アルフレッド・ベスター、フィリップ・K・ディック、シオドア・スタージョンなど多数を紹介した。一方、教育者としての面もある。若くして「俳優座」養成所の講師として指導にあたったが、60年代から、大木直太郎(後年・明治大学学長)の推挽で、明治大学日本文学科の講師になり、「小説研究」を講義。後年、90年代に女子美術大学教授。ほかに翻訳学校バベルで翻訳家養成にあたり、多数の新人を登場させた。また、早くからマリリン・モンローに注目し、我が国におけるモンロー研究の第一人者でもある。
rdfs:label
  • 中田耕治
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of