Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『中沢家の人々』(なかざわけのひとびと)とは3代目三遊亭圓歌作の新作落語。圓歌(本名:中沢信夫)が、自分の落語家になるまでの道のりと落語家になってからの生活を語る「自伝的落語」。近年、圓歌は高座でこの噺を演じることが多い。エピソードの集合であるため、寄席やテレビ・ラジオで演じる時には短く演じることができるが、完全版は一時間以上あり、2005年にその完全版がCDとして出される。それには65分26秒収録されている(高座の生録音なので前後の観客の拍手も含まれる。)。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1861495 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1797 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 26 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54226976 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 『中沢家の人々』(なかざわけのひとびと)とは3代目三遊亭圓歌作の新作落語。圓歌(本名:中沢信夫)が、自分の落語家になるまでの道のりと落語家になってからの生活を語る「自伝的落語」。近年、圓歌は高座でこの噺を演じることが多い。エピソードの集合であるため、寄席やテレビ・ラジオで演じる時には短く演じることができるが、完全版は一時間以上あり、2005年にその完全版がCDとして出される。それには65分26秒収録されている(高座の生録音なので前後の観客の拍手も含まれる。)。
rdfs:label
  • 中沢家の人々
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of