Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 四代目 中村歌右衛門(よだいめ なかむら うたえもん、寛政10年〈1798年〉 - 嘉永5年2月17日〈1852年3月7日〉)とは、江戸時代に活躍した歌舞伎役者。屋号は成駒屋。俳名は芝賞・翫雀、雅号は魁香舎。本名平野 吉太郎(ひらの きちたろう)。三代目歌右衛門の養子。江戸下谷の茶屋の子で、文化4年(1807年)振付師の藤間勘十郎(後の三代目藤間勘兵衛)の門下となって藤間亀三郎と名乗る。文化5年(1808年)に江戸に下っていた三代目中村歌右衛門の門下に入り中村藤太郎と改名、さらに文化10年(1813年)3月には中村鶴助と改名する。文政8年(1825年)、三代目歌右衛門の俳名である芝翫を二代目として襲名し人気を得る。天保7年(1836年)1月に四代目中村歌右衛門を襲名した。当り役は多く『一谷嫩軍記』の熊谷直実、『京鹿子娘道成寺』の白拍子など。体格、容貌に恵まれ、世話物より時代物を得意とし所作事も優れ、天保2年(1831年)3月には江戸中村座で『六歌仙容彩』を初演し、僧正遍照、文屋康秀、在原業平、喜撰法師、大伴黒主を務めた。門下に養子四代目中村芝翫、三代目中村翫雀がいる。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1128756 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1296 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 48 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58465227 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 四代目 中村歌右衛門(よだいめ なかむら うたえもん、寛政10年〈1798年〉 - 嘉永5年2月17日〈1852年3月7日〉)とは、江戸時代に活躍した歌舞伎役者。屋号は成駒屋。俳名は芝賞・翫雀、雅号は魁香舎。本名平野 吉太郎(ひらの きちたろう)。三代目歌右衛門の養子。江戸下谷の茶屋の子で、文化4年(1807年)振付師の藤間勘十郎(後の三代目藤間勘兵衛)の門下となって藤間亀三郎と名乗る。文化5年(1808年)に江戸に下っていた三代目中村歌右衛門の門下に入り中村藤太郎と改名、さらに文化10年(1813年)3月には中村鶴助と改名する。文政8年(1825年)、三代目歌右衛門の俳名である芝翫を二代目として襲名し人気を得る。天保7年(1836年)1月に四代目中村歌右衛門を襲名した。当り役は多く『一谷嫩軍記』の熊谷直実、『京鹿子娘道成寺』の白拍子など。体格、容貌に恵まれ、世話物より時代物を得意とし所作事も優れ、天保2年(1831年)3月には江戸中村座で『六歌仙容彩』を初演し、僧正遍照、文屋康秀、在原業平、喜撰法師、大伴黒主を務めた。門下に養子四代目中村芝翫、三代目中村翫雀がいる。
rdfs:label
  • 中村歌右衛門 (4代目)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of