Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 中村 修二(なかむら しゅうじ、1954年(昭和29年)5月22日 - )は、日本出身でアメリカ国籍を取得した技術者、電子工学者。学位は博士(工学)(徳島大学、1994年)。2014年度ノーベル物理学賞受賞者。日亜化学工業在籍時に、世界に先駆けて実用に供するレベルの高輝度青色発光ダイオードを発明・開発。同社の青色LED製品化に貢献するとともに、赤崎勇・天野浩と共同で2014年のノーベル物理学賞を受賞する。また、同技術の特許対価を求めた404特許の訴訟でも有名である。2000年にカリフォルニア大学サンタバーバラ校 (UCSB) 材料物性工学科教授に就任。同大学固体照明・エネルギー電子工学センターディレクターを務め、2007年には世界初となる無極性青紫半導体レーザーの開発に成功している。また、科学技術振興機構のERATO中村不均一結晶プロジェクトの研究統括として、東京理科大学の窒化物半導体による光触媒デバイスの開発にも貢献し、信州大学、愛媛大学、東京農工大学客員教授を歴任。
dbpedia-owl:affiliation
dbpedia-owl:almaMater
dbpedia-owl:award
dbpedia-owl:birthDate
  • 1954-05-22 (xsd:date)
dbpedia-owl:birthPlace
dbpedia-owl:field
dbpedia-owl:influenced
dbpedia-owl:influencedBy
dbpedia-owl:knownFor
dbpedia-owl:nationality
dbpedia-owl:residence
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 49267 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 28524 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 225 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58994397 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:academicAdvisors
  • 多田修(徳島大学)
prop-ja:almaMater
prop-ja:birthDate
  • 1954-05-22 (xsd:date)
prop-ja:birthPlace
  • 愛媛県西宇和郡四ツ浜村字大久(おおく)
prop-ja:field
prop-ja:group
  • "注"
prop-ja:influenced
  • 岡本研正(香川大学)
prop-ja:influences
prop-ja:knownFor
prop-ja:name
  • 中村 修二
prop-ja:nationality
prop-ja:prizes
  • チャールズ・スターク・ドレイパー賞(2015年)
  • アストゥリアス皇太子賞学術・技術研究部門(2008年)
  • 第63回エミー賞技術開発部門(2011年)
  • ノーベル物理学賞(2014年)
  • ハーヴェイ賞(2009年)
  • ミレニアム技術賞(2006年)
  • 仁科記念賞(1996年)
  • 大河内記念賞(1997年)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:workInstitution
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 中村 修二(なかむら しゅうじ、1954年(昭和29年)5月22日 - )は、日本出身でアメリカ国籍を取得した技術者、電子工学者。学位は博士(工学)(徳島大学、1994年)。2014年度ノーベル物理学賞受賞者。日亜化学工業在籍時に、世界に先駆けて実用に供するレベルの高輝度青色発光ダイオードを発明・開発。同社の青色LED製品化に貢献するとともに、赤崎勇・天野浩と共同で2014年のノーベル物理学賞を受賞する。また、同技術の特許対価を求めた404特許の訴訟でも有名である。2000年にカリフォルニア大学サンタバーバラ校 (UCSB) 材料物性工学科教授に就任。同大学固体照明・エネルギー電子工学センターディレクターを務め、2007年には世界初となる無極性青紫半導体レーザーの開発に成功している。また、科学技術振興機構のERATO中村不均一結晶プロジェクトの研究統括として、東京理科大学の窒化物半導体による光触媒デバイスの開発にも貢献し、信州大学、愛媛大学、東京農工大学客員教授を歴任。
rdfs:label
  • 中村修二
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 中村 修二
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:雇用者 of
is foaf:primaryTopic of