Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 中折式(なかおれしき、ブレイクアクション、英:break-action)とは、銃身にヒンジを有する銃を示す方式であり、尾栓(ブリーチ)を銃腔の中心軸に対して垂直に回転させる事で弾薬の装填及び排莢を行うものである。銃によってはこの動作とは別に撃鉄を起こす操作(コッキング)が次弾発射前に必要となる場合がある。中折式は二連散弾銃、二連小銃、複合銃に於いて普遍的な方式であり、更には単発の小銃・拳銃・散弾銃や、信号拳銃、グレネードランチャー、空気銃のほか、いくつかの旧式の回転式拳銃の設計にも見られる。日本語では元折式(もとおれしき)と称する場合もあり、英語ではブレイクオープン、ブレイクバレル、ブレイクトップ、または古い回転式拳銃ではトップブレイクアクションとも呼ばれる。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3001325 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 8512 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 71 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56272873 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 中折式(なかおれしき、ブレイクアクション、英:break-action)とは、銃身にヒンジを有する銃を示す方式であり、尾栓(ブリーチ)を銃腔の中心軸に対して垂直に回転させる事で弾薬の装填及び排莢を行うものである。銃によってはこの動作とは別に撃鉄を起こす操作(コッキング)が次弾発射前に必要となる場合がある。中折式は二連散弾銃、二連小銃、複合銃に於いて普遍的な方式であり、更には単発の小銃・拳銃・散弾銃や、信号拳銃、グレネードランチャー、空気銃のほか、いくつかの旧式の回転式拳銃の設計にも見られる。日本語では元折式(もとおれしき)と称する場合もあり、英語ではブレイクオープン、ブレイクバレル、ブレイクトップ、または古い回転式拳銃ではトップブレイクアクションとも呼ばれる。
rdfs:label
  • 中折式
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:作動方式 of
is foaf:primaryTopic of