Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 中性子捕獲(ちゅうせいしほかく、neutron capture)とは原子核反応の一種で、原子核が1個または複数個の中性子と衝突して合体し、より重い原子核に変わる反応である。中性子は電荷を持たないため、静電気力による反発を受ける荷電粒子に比べて容易に原子核内に入り込むことができる。人工的にある元素を他の元素から合成できるために、俗称で中性子錬金術とも呼ばれる。中性子捕獲は宇宙における原子核合成で重元素が作られる過程で重要な役割を果たしている。恒星の内部では、r過程と呼ばれる早く進む過程とs過程と呼ばれる進行の遅い過程の2種類によって中性子捕獲反応が進行する。中性子捕獲によって、熱核融合では作ることができない56より大きな質量数を持つ原子核が作られる。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 941911 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1739 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 43 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 48749348 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 中性子捕獲(ちゅうせいしほかく、neutron capture)とは原子核反応の一種で、原子核が1個または複数個の中性子と衝突して合体し、より重い原子核に変わる反応である。中性子は電荷を持たないため、静電気力による反発を受ける荷電粒子に比べて容易に原子核内に入り込むことができる。人工的にある元素を他の元素から合成できるために、俗称で中性子錬金術とも呼ばれる。中性子捕獲は宇宙における原子核合成で重元素が作られる過程で重要な役割を果たしている。恒星の内部では、r過程と呼ばれる早く進む過程とs過程と呼ばれる進行の遅い過程の2種類によって中性子捕獲反応が進行する。中性子捕獲によって、熱核融合では作ることができない56より大きな質量数を持つ原子核が作られる。
rdfs:label
  • 中性子捕獲
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of