Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 中心咬合位(ちゅうしんこうごうい)とは、上顎と下顎の歯列が最も多くの部位で接触し、安定して噛み合う状態の、下顎の位置を指す。咬合に異常のない場合、最も下顎が安定し、咀嚼筋群および顎関節にとって最も負担の少ない状態である。この状態から、上下の歯の接触をある程度維持したままで、様々な方向に下顎を動かすことができる。歯科医師国家試験では咬頭嵌合位(こうとうかんごうい)と併記されるが、中心咬合位は下顎が正しい位置にあるという意味を含めている。そのため、早期接触の説明では、咬頭嵌合位という表現は使うが中心咬合位は本来用いない。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 486135 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 455 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 10 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58390376 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 中心咬合位(ちゅうしんこうごうい)とは、上顎と下顎の歯列が最も多くの部位で接触し、安定して噛み合う状態の、下顎の位置を指す。咬合に異常のない場合、最も下顎が安定し、咀嚼筋群および顎関節にとって最も負担の少ない状態である。この状態から、上下の歯の接触をある程度維持したままで、様々な方向に下顎を動かすことができる。歯科医師国家試験では咬頭嵌合位(こうとうかんごうい)と併記されるが、中心咬合位は下顎が正しい位置にあるという意味を含めている。そのため、早期接触の説明では、咬頭嵌合位という表現は使うが中心咬合位は本来用いない。
rdfs:label
  • 中心咬合位
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of