Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 中島 菜刀(なかじま さいとう、1902年8月16日 - 1955年7月19日)は、日本の画家。中島菜刀は、明治35年(1902年)、鳥取県八頭郡賀茂村(現在の八頭町)にて村芝居の巡業一座の座長格の父と結髪担当の母の両親の元に生まれた。幼いころからの恵まれた画才から、郷里の人々の後援を得て京都市立絵画専門学校(現在の京都市立芸術大学)に学ぶ。苦学をしながらも卒業し、昭和4年(1929年)第16回日本美術院展に初入選を果たし、以降院展を主な舞台として活躍した。昭和16年(1941年)『樹海』が横山大観から激賞され、翌年『薫風梨園』が第29回院展で第三席(白寿賞・この年の絵画の部では最高位)を獲得し、その高い画力が認められる。しかし戦中戦後の混乱の中で病を得て、昭和30年(1955年)52才で生涯を閉じた。菜刀の作品は里山の景観や農山村で働く人々など日本の故郷の原風景にあふれている。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2838067 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2351 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 29 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54128623 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 中島 菜刀(なかじま さいとう、1902年8月16日 - 1955年7月19日)は、日本の画家。中島菜刀は、明治35年(1902年)、鳥取県八頭郡賀茂村(現在の八頭町)にて村芝居の巡業一座の座長格の父と結髪担当の母の両親の元に生まれた。幼いころからの恵まれた画才から、郷里の人々の後援を得て京都市立絵画専門学校(現在の京都市立芸術大学)に学ぶ。苦学をしながらも卒業し、昭和4年(1929年)第16回日本美術院展に初入選を果たし、以降院展を主な舞台として活躍した。昭和16年(1941年)『樹海』が横山大観から激賞され、翌年『薫風梨園』が第29回院展で第三席(白寿賞・この年の絵画の部では最高位)を獲得し、その高い画力が認められる。しかし戦中戦後の混乱の中で病を得て、昭和30年(1955年)52才で生涯を閉じた。菜刀の作品は里山の景観や農山村で働く人々など日本の故郷の原風景にあふれている。
rdfs:label
  • 中島菜刀
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of