Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 中山家(なかやまけ)は、羽林家の家格をもつ公家。江戸時代の家禄は200石。藤原北家花山院家の支流。花山院忠宗の子中山忠親を祖とする。江戸時代後期の当主の愛親は、尊号一件の際に、老中松平定信と対決して正親町公明と共に処分された。愛親の曾孫の忠能は明治天皇の生母である典侍中山慶子の父で、幕末から明治維新にかけては政治的にも活躍し、条約勅許に反対したり、和宮親子内親王の降嫁を推進したりした。忠能の七男・忠光は尊王攘夷派の急先鋒で天誅組の首領となったが、後に長州藩の刺客により暗殺された(天誅組の変)。明治維新後には、幕末からの功績を認められて忠能は侯爵に叙せられ、神祇伯を務めた。忠能の孫の孝麿は東宮侍従長や東宮大夫、宮中顧問官を歴任した。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 479166 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6339 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 190 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58131935 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:人物
prop-ja:出身地
prop-ja:家名
  • 中山家
prop-ja:家祖
prop-ja:家紋名称
  • 杜若
prop-ja:支流
prop-ja:本姓
  • 藤原北家花山院流花山院庶流
prop-ja:根拠地
prop-ja:種別
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 中山家(なかやまけ)は、羽林家の家格をもつ公家。江戸時代の家禄は200石。藤原北家花山院家の支流。花山院忠宗の子中山忠親を祖とする。江戸時代後期の当主の愛親は、尊号一件の際に、老中松平定信と対決して正親町公明と共に処分された。愛親の曾孫の忠能は明治天皇の生母である典侍中山慶子の父で、幕末から明治維新にかけては政治的にも活躍し、条約勅許に反対したり、和宮親子内親王の降嫁を推進したりした。忠能の七男・忠光は尊王攘夷派の急先鋒で天誅組の首領となったが、後に長州藩の刺客により暗殺された(天誅組の変)。明治維新後には、幕末からの功績を認められて忠能は侯爵に叙せられ、神祇伯を務めた。忠能の孫の孝麿は東宮侍従長や東宮大夫、宮中顧問官を歴任した。
rdfs:label
  • 中山家
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:title of
is prop-ja:支流 of
is prop-ja:氏族 of
is foaf:primaryTopic of