Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『中国の赤い星』(ちゅうごくのあかいほし、原題はRed Star over China)は、1937年にエドガー・スノーによって著された書籍の名称である。毛沢東に率いられた紅軍が長征を終えたばかりであった当時に、エドガー・スノーが単独で中国共産党の根拠地に入り、4ヶ月間彼等と生活を共にし対話して書かれた、当時の中国共産党のありのままの姿の記録である。この書籍は当時の中国共産党の指導者から無名の人間までの様々な言葉や行為が書かれており、これは初めて連中が世界に向けて紹介されるという書籍であった。エドガー・スノーは外国人記者としては初めて中国共産党の拠点に入って毛沢東と会見をした人物である。中国の赤い星というのは、当時にはほとんど知られていなかった中国共産党の姿を好意的に書いた書籍でありベストセラーになった。日本語訳は松岡洋子によるものが筑摩書房から刊行されている。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3088085 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1027 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 18 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53491370 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 『中国の赤い星』(ちゅうごくのあかいほし、原題はRed Star over China)は、1937年にエドガー・スノーによって著された書籍の名称である。毛沢東に率いられた紅軍が長征を終えたばかりであった当時に、エドガー・スノーが単独で中国共産党の根拠地に入り、4ヶ月間彼等と生活を共にし対話して書かれた、当時の中国共産党のありのままの姿の記録である。この書籍は当時の中国共産党の指導者から無名の人間までの様々な言葉や行為が書かれており、これは初めて連中が世界に向けて紹介されるという書籍であった。エドガー・スノーは外国人記者としては初めて中国共産党の拠点に入って毛沢東と会見をした人物である。中国の赤い星というのは、当時にはほとんど知られていなかった中国共産党の姿を好意的に書いた書籍でありベストセラーになった。日本語訳は松岡洋子によるものが筑摩書房から刊行されている。
rdfs:label
  • 中国の赤い星
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of