Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 中国の奴隷制は、歴史を通じて様々な形を取ってきた。アメリカやアラブのモデルのように明白ではないが、中国の奴隷制はその対象を「半人、半物」と見ていた。奴隷制は1910年に完全に制定された1909年の法律 のように、何度も法的な制度としては廃止された。しかしその実践は少なくとも1949年まで続いた中国の奴隷は多くの種類があり、原因も異なるが、大きな傾向は周より始まり、主人と奴隷の個人的依存関係は弱められ続け、基本的な観点では戦国時代から奴隷制度がなくなりはじめた。中華民国の成立後、中国は最終的に法律上から明確に奴隷の存在を消し去った。しかし実際は家庭の中に家内労働に従事する奴婢は中華民国の大陸時期には存在した。香港では、1922年に当地の一部の人間が反対蓄婢会zh:反對蓄婢會を組織して、伝統的な蓄婢制度の廃止を主張した。香港政府は1923年に『家庭女役則例』を通過させ、正式に蓄婢を廃止し、婢女は給料で雇われる女傭(メイド)に変わった。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2715294 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 37495 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 257 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58837085 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:author
  • Royal Geographical Society
  • David Fraser
  • Henry Hugh Peter Deasy
  • James Hutton
  • Oriental Institute , East India Association
  • Ralph Patteson Cobbold
  • Robert Samuel Maclay
  • Sir Thomas Douglas Forsyth
prop-ja:title
  • In Tibet and Chinese Turkestan: being the record of three years' exploration
  • The marches of Hindustan: the record of a journey in Thibet, Trans-Himalayan India, Chinese Turkestan, Russian Turkestan and Persia
  • Life among the Chinese: with characteristic sketches and incidents of missionary operations and prospects in China
  • Central Asia: from the Aryan to the Cossack
  • Innermost Asia: travel & sport in the Pamirs
  • The Imperial and asiatic quarterly review and oriental and colonial record
  • Report of a mission to Yarkund in 1873, under command of Sir T. D. Forsyth: with historical and geographical information regarding the possessions of the ameer of Yarkund
  • The journal of the Royal Geographical Society of London, Volume 40
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:year
  • 1861 (xsd:integer)
  • 1870 (xsd:integer)
  • 1875 (xsd:integer)
  • 1892 (xsd:integer)
  • 1900 (xsd:integer)
  • 1901 (xsd:integer)
  • 1907 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 中国の奴隷制は、歴史を通じて様々な形を取ってきた。アメリカやアラブのモデルのように明白ではないが、中国の奴隷制はその対象を「半人、半物」と見ていた。奴隷制は1910年に完全に制定された1909年の法律 のように、何度も法的な制度としては廃止された。しかしその実践は少なくとも1949年まで続いた中国の奴隷は多くの種類があり、原因も異なるが、大きな傾向は周より始まり、主人と奴隷の個人的依存関係は弱められ続け、基本的な観点では戦国時代から奴隷制度がなくなりはじめた。中華民国の成立後、中国は最終的に法律上から明確に奴隷の存在を消し去った。しかし実際は家庭の中に家内労働に従事する奴婢は中華民国の大陸時期には存在した。香港では、1922年に当地の一部の人間が反対蓄婢会zh:反對蓄婢會を組織して、伝統的な蓄婢制度の廃止を主張した。香港政府は1923年に『家庭女役則例』を通過させ、正式に蓄婢を廃止し、婢女は給料で雇われる女傭(メイド)に変わった。
rdfs:label
  • 中国の奴隷制
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of