Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 中務(なかつかさ、912年(延喜12年)頃 - 991年(正暦2年)頃)は、平安時代中期の女流歌人。三十六歌仙、女房三十六歌仙の一人。父は、宇多天皇の皇子敦慶親王で、親王が中務卿であったことから、この名がついている。母は、女流歌人の伊勢。異母兄弟に刑部卿源後古、源方古がいる。 中務は、「後撰和歌集」「信明集」「元輔集」「源順集」などの歌集に作品が載っている。多くの公達と関係があり、特に源信明(みなもとのさねあきら)との関係は深く彼との間には藤原伊尹室の井殿がいる。他に元良親王、常明親王との恋や、関白藤原実頼、藤原師氏、藤原師尹との関係が知られる。家集に「中務集」がある。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 211230 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 615 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 23 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 50463202 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 中務(なかつかさ、912年(延喜12年)頃 - 991年(正暦2年)頃)は、平安時代中期の女流歌人。三十六歌仙、女房三十六歌仙の一人。父は、宇多天皇の皇子敦慶親王で、親王が中務卿であったことから、この名がついている。母は、女流歌人の伊勢。異母兄弟に刑部卿源後古、源方古がいる。 中務は、「後撰和歌集」「信明集」「元輔集」「源順集」などの歌集に作品が載っている。多くの公達と関係があり、特に源信明(みなもとのさねあきら)との関係は深く彼との間には藤原伊尹室の井殿がいる。他に元良親王、常明親王との恋や、関白藤原実頼、藤原師氏、藤原師尹との関係が知られる。家集に「中務集」がある。
rdfs:label
  • 中務
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:子女 of
is foaf:primaryTopic of