Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 中京工業地帯(ちゅうきょうこうぎょうちたい)は、愛知県・岐阜県南部・三重県北部に広がる工業地帯である。四大工業地帯(最近では三大工業地帯という意見もある)のひとつ。京浜工業地帯、阪神工業地帯と比較した場合、従業者数あるいは製造品出荷額で見た規模は最も大きく、日本随一の工業集積地帯である。従業者数は100万6743人、製造品出荷額は42兆1963億円にのぼる(工業統計表、2001年)。主な港湾として、名古屋港・衣浦港・田原港などを擁する。明治時代には製糸業、紡績業、繊維工業が盛んであった。第二次世界大戦中から鉄鋼業・機械工業が、戦後には石油化学工業が進出した。戦前は特に愛知航空機や三菱重工業、中島飛行機などの工場があり航空機生産が盛んで軍需産業の重要拠点であった。愛知県名古屋市・知多市や三重県四日市市の沿岸部には石油化学コンビナートの集積が見られ、愛知県東海市には大規模な製鉄所が立地する。愛知県豊田市・刈谷市・安城市や三重県鈴鹿市では自動車工業が発達している。愛知県一宮市や岐阜県岐阜市周辺では毛織物工業が、岐阜県大垣市では繊維工業がそれぞれ盛んである。愛知県瀬戸市・常滑市や岐阜県多治見市・土岐市(陶磁器生産日本一)、三重県四日市市には伝統的な窯業が発達している。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 46057 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2391 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 99 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57195145 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 中京工業地帯(ちゅうきょうこうぎょうちたい)は、愛知県・岐阜県南部・三重県北部に広がる工業地帯である。四大工業地帯(最近では三大工業地帯という意見もある)のひとつ。京浜工業地帯、阪神工業地帯と比較した場合、従業者数あるいは製造品出荷額で見た規模は最も大きく、日本随一の工業集積地帯である。従業者数は100万6743人、製造品出荷額は42兆1963億円にのぼる(工業統計表、2001年)。主な港湾として、名古屋港・衣浦港・田原港などを擁する。明治時代には製糸業、紡績業、繊維工業が盛んであった。第二次世界大戦中から鉄鋼業・機械工業が、戦後には石油化学工業が進出した。戦前は特に愛知航空機や三菱重工業、中島飛行機などの工場があり航空機生産が盛んで軍需産業の重要拠点であった。愛知県名古屋市・知多市や三重県四日市市の沿岸部には石油化学コンビナートの集積が見られ、愛知県東海市には大規模な製鉄所が立地する。愛知県豊田市・刈谷市・安城市や三重県鈴鹿市では自動車工業が発達している。愛知県一宮市や岐阜県岐阜市周辺では毛織物工業が、岐阜県大垣市では繊維工業がそれぞれ盛んである。愛知県瀬戸市・常滑市や岐阜県多治見市・土岐市(陶磁器生産日本一)、三重県四日市市には伝統的な窯業が発達している。
rdfs:label
  • 中京工業地帯
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of