Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 中世日本語(ちゅうせいにほんご)とは、中古日本語と近世日本語の間に位置する、日本語の発展における一段階である。この時期に古代から備わっていた特徴の多くは失われ、現在の日本語にかなり近い形となった。おおまかにいって12世紀から16世紀いっぱい、500年ほどにわたる期間で、通常は前期と後期に分けられる。政治史で見ると前期中世日本語は平安時代末の院政期から鎌倉時代、後期中世日本語は室町時代に相当する。
dbpedia-owl:languageFamily
dbpedia-owl:spokenIn
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1739222 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 15313 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 126 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57601240 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:extinct
  • 17 (xsd:integer)
prop-ja:fam
prop-ja:familycolor
  • Isolate
prop-ja:name
  • 中世日本語
prop-ja:region
prop-ja:script
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 中世日本語(ちゅうせいにほんご)とは、中古日本語と近世日本語の間に位置する、日本語の発展における一段階である。この時期に古代から備わっていた特徴の多くは失われ、現在の日本語にかなり近い形となった。おおまかにいって12世紀から16世紀いっぱい、500年ほどにわたる期間で、通常は前期と後期に分けられる。政治史で見ると前期中世日本語は平安時代末の院政期から鎌倉時代、後期中世日本語は室町時代に相当する。
rdfs:label
  • 中世日本語
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 中世日本語
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of