Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 並列シスプレックス(へいれつシスプレックス、英: Parallel Sysplex)は、情報技術において、IBMのメインフレームのクラスタ技術であり、複数のメインフレームが協調して単一システムイメージを実現する。オペレーティングシステム (OS) としてz/OSあるいはOS/390が使われることが多い。並列シスプレックスにおいては、データは共有され (結合機構の共有構造の制御下で同一ディスクを使う) 、並列コンピューティングにより最大32のメインフレームがワークロードを共有し、高性能計算と高い可用性を実現する。並列シスプレックスでは、メインフレームの台数に比例して処理性能が向上する。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1651048 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2921 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 34 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47450084 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 並列シスプレックス(へいれつシスプレックス、英: Parallel Sysplex)は、情報技術において、IBMのメインフレームのクラスタ技術であり、複数のメインフレームが協調して単一システムイメージを実現する。オペレーティングシステム (OS) としてz/OSあるいはOS/390が使われることが多い。並列シスプレックスにおいては、データは共有され (結合機構の共有構造の制御下で同一ディスクを使う) 、並列コンピューティングにより最大32のメインフレームがワークロードを共有し、高性能計算と高い可用性を実現する。並列シスプレックスでは、メインフレームの台数に比例して処理性能が向上する。
rdfs:label
  • 並列シスプレックス
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of