Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 世界選手権自転車競技大会トラックレース1982はイギリス・レスターで開催された。プロ・スプリントで、日本の中野浩一がベルギーのジェフ・シェーレン以来、45年ぶり2人目となる同種目6連覇を達成。しかし中野が6連覇を達成したという事実よりも、決勝で対戦したカナダのゴードン・シングルトンと死闘を演じたシーンのほうが今でも思い起こされる大会となった。決勝の模様については、中野、シングルトンの各項目を参照。ちなみにシングルトンは、プロ・スプリントの前に行われたプロ・ケイリンにおいて、オーストラリアのダニー・クラークの同種目3連覇を阻止して優勝を果たしたが、この大会が最後の世界選手権出場となってしまった。またプロ・ポイントでは、スイスのウース・フローラーが連覇。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1309213 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6958 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 108 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58735565 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 世界選手権自転車競技大会トラックレース1982はイギリス・レスターで開催された。プロ・スプリントで、日本の中野浩一がベルギーのジェフ・シェーレン以来、45年ぶり2人目となる同種目6連覇を達成。しかし中野が6連覇を達成したという事実よりも、決勝で対戦したカナダのゴードン・シングルトンと死闘を演じたシーンのほうが今でも思い起こされる大会となった。決勝の模様については、中野、シングルトンの各項目を参照。ちなみにシングルトンは、プロ・スプリントの前に行われたプロ・ケイリンにおいて、オーストラリアのダニー・クラークの同種目3連覇を阻止して優勝を果たしたが、この大会が最後の世界選手権出場となってしまった。またプロ・ポイントでは、スイスのウース・フローラーが連覇。
rdfs:label
  • 世界選手権自転車競技大会トラックレース1982
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of