世界(せかい、(英: World、梵: loka-dhaatu、羅: mundus)とは、以下の概念を指す。 * 地球上の人間社会のすべて。人間の社会全体。限定された社会ではなく、全ての社会の集合、全人類の社会を指す。地球上の全ての国。万国の意。特定の一国ではなく全ての国々ということ。報道・政治等で多用される用法。例:「世界の豊田」「世界経済」「世界の歴史」「世界人口」「世界の地理」。類義語に「国際」や「グローバル」。 * 世の中。人の住むところ。例:「世界が狭い」。類義語に「世間」。 * すべての有限な事物や事象の全体。宇宙。 * 特定の範囲。例:「勝負の世界」。 * 同類の者の集まり、またその社会。例:「学者の世界」「役者の世界」「芸術家の世界」。 * 特定の文化・文明を共有する人々の社会やそのまとまりを指す。「キリスト教世界」「イスラム世界」。また「第一世界」「第二世界」「第三世界」のように冷戦体制下で見られた陣営ごとの国々のまとまりを指すこともある。 * 歌舞伎や浄瑠璃で、特定の時代・人物による類型。例:「義経記の世界」。 * (仏教用語、loka-dhaatu) 宇宙の中のひとつの区域で、一仏の教化する領域。例:「三千大千世界」「娑婆世界」。 * フィクション文学において、「世界」概念を拡大解釈し、ある生物が活動する社会・空間・天体など。

Property Value
dbo:abstract
  • 世界(せかい、(英: World、梵: loka-dhaatu、羅: mundus)とは、以下の概念を指す。 * 地球上の人間社会のすべて。人間の社会全体。限定された社会ではなく、全ての社会の集合、全人類の社会を指す。地球上の全ての国。万国の意。特定の一国ではなく全ての国々ということ。報道・政治等で多用される用法。例:「世界の豊田」「世界経済」「世界の歴史」「世界人口」「世界の地理」。類義語に「国際」や「グローバル」。 * 世の中。人の住むところ。例:「世界が狭い」。類義語に「世間」。 * すべての有限な事物や事象の全体。宇宙。 * 特定の範囲。例:「勝負の世界」。 * 同類の者の集まり、またその社会。例:「学者の世界」「役者の世界」「芸術家の世界」。 * 特定の文化・文明を共有する人々の社会やそのまとまりを指す。「キリスト教世界」「イスラム世界」。また「第一世界」「第二世界」「第三世界」のように冷戦体制下で見られた陣営ごとの国々のまとまりを指すこともある。 * 歌舞伎や浄瑠璃で、特定の時代・人物による類型。例:「義経記の世界」。 * (仏教用語、loka-dhaatu) 宇宙の中のひとつの区域で、一仏の教化する領域。例:「三千大千世界」「娑婆世界」。 * フィクション文学において、「世界」概念を拡大解釈し、ある生物が活動する社会・空間・天体など。 (ja)
  • 世界(せかい、(英: World、梵: loka-dhaatu、羅: mundus)とは、以下の概念を指す。 * 地球上の人間社会のすべて。人間の社会全体。限定された社会ではなく、全ての社会の集合、全人類の社会を指す。地球上の全ての国。万国の意。特定の一国ではなく全ての国々ということ。報道・政治等で多用される用法。例:「世界の豊田」「世界経済」「世界の歴史」「世界人口」「世界の地理」。類義語に「国際」や「グローバル」。 * 世の中。人の住むところ。例:「世界が狭い」。類義語に「世間」。 * すべての有限な事物や事象の全体。宇宙。 * 特定の範囲。例:「勝負の世界」。 * 同類の者の集まり、またその社会。例:「学者の世界」「役者の世界」「芸術家の世界」。 * 特定の文化・文明を共有する人々の社会やそのまとまりを指す。「キリスト教世界」「イスラム世界」。また「第一世界」「第二世界」「第三世界」のように冷戦体制下で見られた陣営ごとの国々のまとまりを指すこともある。 * 歌舞伎や浄瑠璃で、特定の時代・人物による類型。例:「義経記の世界」。 * (仏教用語、loka-dhaatu) 宇宙の中のひとつの区域で、一仏の教化する領域。例:「三千大千世界」「娑婆世界」。 * フィクション文学において、「世界」概念を拡大解釈し、ある生物が活動する社会・空間・天体など。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 8720 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 6980 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81006260 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • 世界(せかい、(英: World、梵: loka-dhaatu、羅: mundus)とは、以下の概念を指す。 * 地球上の人間社会のすべて。人間の社会全体。限定された社会ではなく、全ての社会の集合、全人類の社会を指す。地球上の全ての国。万国の意。特定の一国ではなく全ての国々ということ。報道・政治等で多用される用法。例:「世界の豊田」「世界経済」「世界の歴史」「世界人口」「世界の地理」。類義語に「国際」や「グローバル」。 * 世の中。人の住むところ。例:「世界が狭い」。類義語に「世間」。 * すべての有限な事物や事象の全体。宇宙。 * 特定の範囲。例:「勝負の世界」。 * 同類の者の集まり、またその社会。例:「学者の世界」「役者の世界」「芸術家の世界」。 * 特定の文化・文明を共有する人々の社会やそのまとまりを指す。「キリスト教世界」「イスラム世界」。また「第一世界」「第二世界」「第三世界」のように冷戦体制下で見られた陣営ごとの国々のまとまりを指すこともある。 * 歌舞伎や浄瑠璃で、特定の時代・人物による類型。例:「義経記の世界」。 * (仏教用語、loka-dhaatu) 宇宙の中のひとつの区域で、一仏の教化する領域。例:「三千大千世界」「娑婆世界」。 * フィクション文学において、「世界」概念を拡大解釈し、ある生物が活動する社会・空間・天体など。 (ja)
  • 世界(せかい、(英: World、梵: loka-dhaatu、羅: mundus)とは、以下の概念を指す。 * 地球上の人間社会のすべて。人間の社会全体。限定された社会ではなく、全ての社会の集合、全人類の社会を指す。地球上の全ての国。万国の意。特定の一国ではなく全ての国々ということ。報道・政治等で多用される用法。例:「世界の豊田」「世界経済」「世界の歴史」「世界人口」「世界の地理」。類義語に「国際」や「グローバル」。 * 世の中。人の住むところ。例:「世界が狭い」。類義語に「世間」。 * すべての有限な事物や事象の全体。宇宙。 * 特定の範囲。例:「勝負の世界」。 * 同類の者の集まり、またその社会。例:「学者の世界」「役者の世界」「芸術家の世界」。 * 特定の文化・文明を共有する人々の社会やそのまとまりを指す。「キリスト教世界」「イスラム世界」。また「第一世界」「第二世界」「第三世界」のように冷戦体制下で見られた陣営ごとの国々のまとまりを指すこともある。 * 歌舞伎や浄瑠璃で、特定の時代・人物による類型。例:「義経記の世界」。 * (仏教用語、loka-dhaatu) 宇宙の中のひとつの区域で、一仏の教化する領域。例:「三千大千世界」「娑婆世界」。 * フィクション文学において、「世界」概念を拡大解釈し、ある生物が活動する社会・空間・天体など。 (ja)
rdfs:label
  • 世界 (ja)
  • 世界 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:knownFor of
is dbo:place of
is dbo:regionServed of
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:areaServed of
is prop-ja:knownFor of
is prop-ja:location of
is prop-ja:place of
is prop-ja:region of
is prop-ja:regionServed of
is prop-ja:地域 of
is prop-ja:実施国 of
is prop-ja:活動内容 of
is prop-ja:目的 of
is foaf:primaryTopic of