Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 不動産登記法(ふどうさんとうきほう、平成16年6月18日法律第123号)は、不動産登記に関する手続を定めた法律である。当初は1899年(明治32年)に明治32年2月24日法律第24号として制定され、従来の登記法(明治19年8月13日法律第1号)は廃止された。2004年(平成16年)に全部改正され、内容が一新された。平成17年の改正で筆界特定制度が新たに設けられている。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 451069 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2460 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 54 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57087089 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:リンク
prop-ja:内容
  • 不動産登記手続に関する法律
prop-ja:効力
  • 現行法
prop-ja:番号
  • --06-18
prop-ja:種類
prop-ja:通称
  • 不登法
prop-ja:関連
prop-ja:題名
  • 不動産登記法
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 不動産登記法(ふどうさんとうきほう、平成16年6月18日法律第123号)は、不動産登記に関する手続を定めた法律である。当初は1899年(明治32年)に明治32年2月24日法律第24号として制定され、従来の登記法(明治19年8月13日法律第1号)は廃止された。2004年(平成16年)に全部改正され、内容が一新された。平成17年の改正で筆界特定制度が新たに設けられている。
rdfs:label
  • 不動産登記法
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:関連 of
is foaf:primaryTopic of