Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 下見吉十郎秀譽(あさみ きちじゅうろう ひでたか、寛文13年(1673年) - 宝暦5年8月1日(1755年9月6日))は、江戸時代に大三島などの瀬戸内海の島々へサツマイモを広めた六部僧である。伊予の三農の一人。号は古岩独釣。島民を飢饉から救ったとして、甘藷地蔵(いも地蔵、芋地蔵)として大三島の向雲寺(今治市上浦町瀬戸)をはじめ、島内の各地や近隣の島々にまつられている。向雲寺の甘藷地蔵は愛媛県指定史跡である。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1517699 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1540 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 45 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55163775 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 下見吉十郎秀譽(あさみ きちじゅうろう ひでたか、寛文13年(1673年) - 宝暦5年8月1日(1755年9月6日))は、江戸時代に大三島などの瀬戸内海の島々へサツマイモを広めた六部僧である。伊予の三農の一人。号は古岩独釣。島民を飢饉から救ったとして、甘藷地蔵(いも地蔵、芋地蔵)として大三島の向雲寺(今治市上浦町瀬戸)をはじめ、島内の各地や近隣の島々にまつられている。向雲寺の甘藷地蔵は愛媛県指定史跡である。
rdfs:label
  • 下見吉十郎
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of