Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 下後鋸筋(かこうきょきん)は、棘肋筋のうち、広背筋の深層に位置する薄い筋肉である。胸椎および腰椎の浅板を起始とし、外側上方に向かって走り、肋骨に付着する。肋骨を内下方へと引く作用がある。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 549994 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1233 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 14 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47050199 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 2011 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ソートキー
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 下後鋸筋(かこうきょきん)は、棘肋筋のうち、広背筋の深層に位置する薄い筋肉である。胸椎および腰椎の浅板を起始とし、外側上方に向かって走り、肋骨に付着する。肋骨を内下方へと引く作用がある。
rdfs:label
  • 下後鋸筋
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of