Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 下山事件(しもやまじけん)とは、日本が連合国の占領下にあった1949年(昭和24年)7月5日朝、国鉄総裁下山定則が出勤途中に失踪、翌7月6日未明に死体となって発見された事件。事件発生直後からマスコミでは自殺説・他殺説が入り乱れ、警視庁は公式の捜査結果を発表することなく捜査を打ち切った。下山事件から約1ヵ月の間に国鉄に関連した三鷹事件、松川事件が相次いで発生し、三事件を合わせて「国鉄三大ミステリー事件」と呼ばれる。1964年7月6日に殺人事件としての、公訴時効が成立し、未解決事件となった。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 88193 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 12028 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 232 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59218376 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:名称
  • 下山事件
prop-ja:場所
  • 東京都足立区 常磐線北千住駅 - 綾瀬駅間
prop-ja:手段
  • 不明
prop-ja:攻撃人数
  • 不明
prop-ja:日付
  • --07-06
prop-ja:時間
  • 午前0時30分過ぎ
prop-ja:時間帯
  • JST
prop-ja:概要
  • --07-05
prop-ja:武器
  • 不明
prop-ja:死亡
prop-ja:犯人
  • 不明
prop-ja:画像
  • Shimoyama Incident.JPG
prop-ja:脚注
  • 搬出される下山の遺体
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 下山事件(しもやまじけん)とは、日本が連合国の占領下にあった1949年(昭和24年)7月5日朝、国鉄総裁下山定則が出勤途中に失踪、翌7月6日未明に死体となって発見された事件。事件発生直後からマスコミでは自殺説・他殺説が入り乱れ、警視庁は公式の捜査結果を発表することなく捜査を打ち切った。下山事件から約1ヵ月の間に国鉄に関連した三鷹事件、松川事件が相次いで発生し、三事件を合わせて「国鉄三大ミステリー事件」と呼ばれる。1964年7月6日に殺人事件としての、公訴時効が成立し、未解決事件となった。
rdfs:label
  • 下山事件
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:次番組 of
is foaf:primaryTopic of