Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 下一段活用(しもいちだんかつよう)とは、日本語の口語文法および文語文法における動詞の活用のひとつである。全部の活用語尾に、五十音図のエ段の音が入る。口語文法では、それに「る、れ、ろ」が、文語文法ではそれに「る、れ、よ」が付くという形で変化する。文語の下一段活用は「蹴る」一語のみであったが、これは口語ではラ行五段活用となった。口語の下一段活用は、すべて文語の下二段活用に由来している。言語学から言えば、下一段活用の動詞は語幹が母音で終わる母音語幹動詞である。ら抜き言葉の候補のひとつ。外国人を対象にした日本語教育においては上一段活用とともに「グループ2」と呼ばれる。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 221861 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1822 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 41 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47717667 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 下一段活用(しもいちだんかつよう)とは、日本語の口語文法および文語文法における動詞の活用のひとつである。全部の活用語尾に、五十音図のエ段の音が入る。口語文法では、それに「る、れ、ろ」が、文語文法ではそれに「る、れ、よ」が付くという形で変化する。文語の下一段活用は「蹴る」一語のみであったが、これは口語ではラ行五段活用となった。口語の下一段活用は、すべて文語の下二段活用に由来している。言語学から言えば、下一段活用の動詞は語幹が母音で終わる母音語幹動詞である。ら抜き言葉の候補のひとつ。外国人を対象にした日本語教育においては上一段活用とともに「グループ2」と呼ばれる。
rdfs:label
  • 下一段活用
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of