Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 上遠野 広秀(かどの ひろひで、生没年不詳)は、日本の江戸時代中期の兵法家、剣客。願立流剣術、上遠野流手裏剣術の使い手で、とくに手裏剣の名人として「手裏剣の上遠野」と称された。通称、伊豆守。上遠野氏は旧姓、小野氏。1404年(応永11年)に磐城国菊田庄(菊多郡、現いわき市)上遠野に住んだことからこの地名を名乗るようになった。第10代上遠野高秀(伊豆守)が伊達政宗に招かれて家臣となり、843石を扶持された。広秀は明和、安永(1764年 - 1780年)の頃の人で、仙台藩で3千石取りとなっていた。家伝の願立流剣術のほか、独自に手裏剣術を工夫した。広秀が手裏剣の技を工夫したのは、相手の眼を潰してしまえばいかなる大敵でも恐るるに足りない、という考えからであったといわれる。広秀はいつも両の鬢に4本ずつ、計8本の針を差しており、この針を指の脇にはさんで投げると百発百中といわれた。広秀は「手裏剣の技は一代限りのもので、教えてもらって上達するものではない。根気よく自分で工夫して針2本打つことを習得すれば、自然に上手になる。」と語ったという。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1713762 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1358 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 37 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58445962 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 上遠野 広秀(かどの ひろひで、生没年不詳)は、日本の江戸時代中期の兵法家、剣客。願立流剣術、上遠野流手裏剣術の使い手で、とくに手裏剣の名人として「手裏剣の上遠野」と称された。通称、伊豆守。上遠野氏は旧姓、小野氏。1404年(応永11年)に磐城国菊田庄(菊多郡、現いわき市)上遠野に住んだことからこの地名を名乗るようになった。第10代上遠野高秀(伊豆守)が伊達政宗に招かれて家臣となり、843石を扶持された。広秀は明和、安永(1764年 - 1780年)の頃の人で、仙台藩で3千石取りとなっていた。家伝の願立流剣術のほか、独自に手裏剣術を工夫した。広秀が手裏剣の技を工夫したのは、相手の眼を潰してしまえばいかなる大敵でも恐るるに足りない、という考えからであったといわれる。広秀はいつも両の鬢に4本ずつ、計8本の針を差しており、この針を指の脇にはさんで投げると百発百中といわれた。広秀は「手裏剣の技は一代限りのもので、教えてもらって上達するものではない。根気よく自分で工夫して針2本打つことを習得すれば、自然に上手になる。」と語ったという。
rdfs:label
  • 上遠野広秀
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:人物 of
is foaf:primaryTopic of