Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 上泉 秀胤(かみいずみ ひでたね、享禄3年(1530年)-永禄7年1月23日(1564年3月6日)なお永禄6年(1563年)説もある)は、戦国時代上野国の武将。父は剣豪として知られる上泉信綱。子は上泉泰綱。兵法家としても名を残し、上泉流軍法(兵学のこと)を大成したという。弘治3年(1557年)、武田信玄が長野業正の箕輪城に攻撃しようとした際に碓氷峠で武田義信の軍を破ったとされている。だが、長野業正の死後、南方からの北条氏康からの圧迫に苦しんだ信綱は秀胤を人質として小田原に送り圧力の緩和を策した。その後、秀胤はそのまま後北条氏に仕官、永禄6年(1563年)または永禄7年(1564年)1月の国府台合戦の際国府台 (市川市)で重傷を負い1月23日に死去したという。天正5年1月22日(1577年または天正4年(1576年))に父信綱は西林寺(前橋市上泉町)を開基し十三回忌法要を行なったという口伝があり、西林寺に供養碑があるというが、父信綱の開基墓という説もある。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1237526 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 773 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 32 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 19486242 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 上泉 秀胤(かみいずみ ひでたね、享禄3年(1530年)-永禄7年1月23日(1564年3月6日)なお永禄6年(1563年)説もある)は、戦国時代上野国の武将。父は剣豪として知られる上泉信綱。子は上泉泰綱。兵法家としても名を残し、上泉流軍法(兵学のこと)を大成したという。弘治3年(1557年)、武田信玄が長野業正の箕輪城に攻撃しようとした際に碓氷峠で武田義信の軍を破ったとされている。だが、長野業正の死後、南方からの北条氏康からの圧迫に苦しんだ信綱は秀胤を人質として小田原に送り圧力の緩和を策した。その後、秀胤はそのまま後北条氏に仕官、永禄6年(1563年)または永禄7年(1564年)1月の国府台合戦の際国府台 (市川市)で重傷を負い1月23日に死去したという。天正5年1月22日(1577年または天正4年(1576年))に父信綱は西林寺(前橋市上泉町)を開基し十三回忌法要を行なったという口伝があり、西林寺に供養碑があるというが、父信綱の開基墓という説もある。
rdfs:label
  • 上泉秀胤
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of