Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 上村合戦(かみむらがっせん)とは、元亀3年(1572年)12月、甲斐と信濃の武田軍が、美濃国恵那郡の地頭遠山氏の本拠地岩村城(遠山景任城主)を攻撃するため、美濃国恵那郡の上村に侵入した際に、遠山氏との間で行われた合戦。寛永諸家系図伝によれば、この合戦に参加した遠山庄遠山氏勢は、明知城主の遠山景行や甥で娘婿にあたる小里光次、飯羽間城主の遠山友信が記述されている。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1108208 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1053 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 50 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 50007805 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 上村合戦(かみむらがっせん)とは、元亀3年(1572年)12月、甲斐と信濃の武田軍が、美濃国恵那郡の地頭遠山氏の本拠地岩村城(遠山景任城主)を攻撃するため、美濃国恵那郡の上村に侵入した際に、遠山氏との間で行われた合戦。寛永諸家系図伝によれば、この合戦に参加した遠山庄遠山氏勢は、明知城主の遠山景行や甥で娘婿にあたる小里光次、飯羽間城主の遠山友信が記述されている。
rdfs:label
  • 上村合戦
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of