Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 上杉 顕房(うえすぎ あきふさ、永享7年(1435年)? - 享徳4年1月24日(1455年2月10日))は、室町時代の武将、守護大名。相模守護。扇谷上杉家当主。上杉持朝の嫡男。三浦高救、定正、朝昌の兄。政真、女子(千葉実胤正室)の父。官位は弾正少弼、修理大夫。通称は三郎。法名は長源院。宝徳元年(1449年)、滅ぼされた足利持氏の遺児の永寿王(足利成氏)が鎌倉公方に復帰した際に、父の持朝が隠居したため扇谷家の家督を継承する。家宰太田資清の補佐を受けていた。成氏が関東管領の上杉憲忠(山内上杉家)を殺害し享徳の乱が勃発すると、上杉氏の一門として上杉憲顕(犬懸上杉家)や長尾景仲(白井長尾氏)らと共に軍勢を率いて相模江の島などで成氏と戦うが、武蔵分倍河原の戦いにおいて敗北、自害した。子の政真はまだ幼かったため、扇谷上杉家は父の持朝が当主として復帰した。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 860141 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 851 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 41 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56278346 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • --07-21
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ソートキー
  • 人1455年没
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 上杉 顕房(うえすぎ あきふさ、永享7年(1435年)? - 享徳4年1月24日(1455年2月10日))は、室町時代の武将、守護大名。相模守護。扇谷上杉家当主。上杉持朝の嫡男。三浦高救、定正、朝昌の兄。政真、女子(千葉実胤正室)の父。官位は弾正少弼、修理大夫。通称は三郎。法名は長源院。宝徳元年(1449年)、滅ぼされた足利持氏の遺児の永寿王(足利成氏)が鎌倉公方に復帰した際に、父の持朝が隠居したため扇谷家の家督を継承する。家宰太田資清の補佐を受けていた。成氏が関東管領の上杉憲忠(山内上杉家)を殺害し享徳の乱が勃発すると、上杉氏の一門として上杉憲顕(犬懸上杉家)や長尾景仲(白井長尾氏)らと共に軍勢を率いて相模江の島などで成氏と戦うが、武蔵分倍河原の戦いにおいて敗北、自害した。子の政真はまだ幼かったため、扇谷上杉家は父の持朝が当主として復帰した。
rdfs:label
  • 上杉顕房
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:child of
is dbpedia-owl:sibling of
is dbpedia-owl:spouse of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:兄弟 of
is prop-ja: of
is foaf:primaryTopic of