Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 上杉 氏定(うえすぎ うじさだ、文中3年/応安7年(1374年) - 応永23年10月8日(1416年10月28日))は、室町時代の武将。上杉氏の一族で扇谷上杉家当主。上杉顕定(扇谷上杉家)の養子。実父は上杉頼顕(小山田上杉家)で定重の兄。持定、持朝、娘(今川範忠妻)の父。幼名は鶴寿丸、官位は弾正少弼。又従兄弟に長尾景広。諱の「氏」は、鎌倉公方足利氏満より賜ったものと考えられる。父の兄弟である顕定の後を継ぎ、鎌倉公方足利氏満・満兼・持氏の三代にわたって仕えた。応永23年(1416年)に上杉禅秀の乱が勃発した際、氏定は当初劣勢であった持氏方に合力するため出陣したが、上杉氏憲(禅秀)の反乱軍に敗れ重傷を負い、後に持氏らが鎌倉を退去する際は同道できずに応永23年(1416年)10月8日、藤沢において自刃した。家督は嫡男の持定が継承したが持定もまもなく没し、次男の持朝がその後を継いだ。なお、江戸時代中期の第4代米沢藩主上杉綱憲は、今川氏に嫁いだ氏定の娘の末裔に当たる(上杉氏を参照)。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 810225 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 834 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 38 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54382072 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 上杉 氏定(うえすぎ うじさだ、文中3年/応安7年(1374年) - 応永23年10月8日(1416年10月28日))は、室町時代の武将。上杉氏の一族で扇谷上杉家当主。上杉顕定(扇谷上杉家)の養子。実父は上杉頼顕(小山田上杉家)で定重の兄。持定、持朝、娘(今川範忠妻)の父。幼名は鶴寿丸、官位は弾正少弼。又従兄弟に長尾景広。諱の「氏」は、鎌倉公方足利氏満より賜ったものと考えられる。父の兄弟である顕定の後を継ぎ、鎌倉公方足利氏満・満兼・持氏の三代にわたって仕えた。応永23年(1416年)に上杉禅秀の乱が勃発した際、氏定は当初劣勢であった持氏方に合力するため出陣したが、上杉氏憲(禅秀)の反乱軍に敗れ重傷を負い、後に持氏らが鎌倉を退去する際は同道できずに応永23年(1416年)10月8日、藤沢において自刃した。家督は嫡男の持定が継承したが持定もまもなく没し、次男の持朝がその後を継いだ。なお、江戸時代中期の第4代米沢藩主上杉綱憲は、今川氏に嫁いだ氏定の娘の末裔に当たる(上杉氏を参照)。
rdfs:label
  • 上杉氏定
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:parent of
is dbpedia-owl:spouse of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:中興 of
is prop-ja: of
is foaf:primaryTopic of