Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 大辞林によれば、上方語(かみがたご)とは、「上方地方を中心に行われている言葉。特に江戸時代には,京都・大坂などを中心に行われた言葉は,広く全国にもよく理解され一種の共通語的な性格をももつに至っていた。上方言葉。京阪語。 」とされている。また、広辞苑によれば、上方語(かみがたご)とは、「江戸時代、京都・大坂を中心に使われた言語」とされる。また、「上方言葉」とも記されている。「現在でも形を変えて畿内で広く使われている」と言える。貴族的に洗練された船場言葉・京言葉を中心に、上方圏内の言葉、例えば大阪弁・京都弁・奈良弁・神戸弁・泉州弁などが含まれる。上方語と言ったとき、その範囲は様々に定義できよう。心斎橋出身の司馬遼太郎は赤尾兜子との対談において、自らの言葉を上方語と呼んだ。また、松山の言葉を、その平声の使われ方から、上方語よりも平声の言葉とし、かつ上方語圏の言葉に含めて述べている。また、同じく司馬遼太郎によって、正岡子規は上方語圏の人とされている。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2802720 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 730 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 17 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53377250 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 大辞林によれば、上方語(かみがたご)とは、「上方地方を中心に行われている言葉。特に江戸時代には,京都・大坂などを中心に行われた言葉は,広く全国にもよく理解され一種の共通語的な性格をももつに至っていた。上方言葉。京阪語。 」とされている。また、広辞苑によれば、上方語(かみがたご)とは、「江戸時代、京都・大坂を中心に使われた言語」とされる。また、「上方言葉」とも記されている。「現在でも形を変えて畿内で広く使われている」と言える。貴族的に洗練された船場言葉・京言葉を中心に、上方圏内の言葉、例えば大阪弁・京都弁・奈良弁・神戸弁・泉州弁などが含まれる。上方語と言ったとき、その範囲は様々に定義できよう。心斎橋出身の司馬遼太郎は赤尾兜子との対談において、自らの言葉を上方語と呼んだ。また、松山の言葉を、その平声の使われ方から、上方語よりも平声の言葉とし、かつ上方語圏の言葉に含めて述べている。また、同じく司馬遼太郎によって、正岡子規は上方語圏の人とされている。
rdfs:label
  • 上方語
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of